メインメニューを開く

鈴木 善貴(すずき よしたか、1980年11月20日 - )は、日本のテレビディレクター演出家フジテレビジョン編成制作局制作センター第二制作室所属。

すずき よしたか
鈴木 善貴
生誕 (1980-11-20) 1980年11月20日(38歳)
日本の旗 日本 岐阜県
出身校 同志社大学経済学部
職業 テレビディレクター演出家
雇用者 フジテレビジョン
テレビ番組 アウト×デラックスホンマでっか!?TVさんまのお笑い向上委員会

略歴編集

岐阜県出身。同志社大学経済学部卒業後、フジテレビジョン入社[1]

入社後、初めて携わった番組は「トリビアの泉[2]。チーフADを務めていた「お台場明石城」では、先輩ディレクターが提案した企画に首をかしげていたところを明石家さんまに見られてしまい、それから番組で毎週のようにプレゼンすることになった[3]。後にさんまが司会を務める「ホンマでっか!?TV」や「さんまのお笑い向上委員会」で演出を担当することになる。

アイドリング!!!」では2006年の番組開始当初はかつて「トリビアの泉」の演出を務めていた塩谷亮の元でディレクター、のち塩谷の後任として2008年には総合演出を務めた。「笑っていいとも!」では2013年から番組終了の2014年までディレクターを務めていたが、その時のプロデューサー・総合演出は塩谷であった。

2011年には深夜のスペシャル番組として始まった「アウト×デラックス」は2013年よりレギュラー化。演出のみならず、編集やテロップ入れも自ら行う[4]

担当番組編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ "アウト"な人たちが集う異色トーク番組の仕掛人 - フジテレビ・鈴木善貴”. マイナビニュース (2013年5月17日). 2018年12月14日閲覧。
  2. ^ 【テレビの開拓者たち / 鈴木善貴】明石家さんまさんから教わった“プロ意識””. ザテレビジョン (2017年6月7日). 2018年12月15日閲覧。
  3. ^ 【テレビの開拓者たち / 鈴木善貴】明石家さんまさんから教わった“プロ意識”(2/3)”. ザテレビジョン (2017年6月7日). 2018年12月15日閲覧。
  4. ^ 「アウト×デラックス」攻めのテロップで笑い 光るワードセンス”. Sponichi Annex (2015年6月23日). 2018年12月15日閲覧。