メインメニューを開く
鍋島直澄像(蓮池神社蔵)

鍋島 直澄(なべしま なおずみ、元和元年11月12日1616年1月1日)- 寛文9年3月5日1669年4月5日))は、江戸時代大名肥前蓮池藩の初代藩主。

肥前佐賀藩主・鍋島勝茂の五男。母は岡部長盛の娘(徳川家康の養女)・菊姫。佐賀藩世嗣・鍋島忠直の同母弟。正室は奥平松平忠明の娘。子に鍋島直守(長男)、鍋島直之(次男)、鍋島之治(三男)、鍋島之映(四男)、鍋島直称(五男)、鍋島之徳(六男)、娘(鍋島直條正室)、娘(深溝松平好房正室)。官位は従五位下、甲斐守。

兄の忠直の死後、その未亡人を娶った経緯から、鍋島宗家の家督相続の候補者に推されたが、継ぐことはできなかった。寛永19年(1642年)、肥前国蓮池藩に5万2000石を与えられ初代藩主となった(立藩年次については異説あり)。

寛文5年(1665年)東野ヶ里別院へ隠居し、家督を次男・直之に譲る。寛永9年(1669年)没した。