メインメニューを開く
鍋島元茂像

鍋島 元茂(なべしま もとしげ、慶長7年10月11日1602年11月24日)- 承応3年11月11日1654年12月19日))は、江戸時代初期の大名肥前国小城藩の初代藩主。

肥前佐賀藩主・鍋島勝茂の庶長子。母は瑞昌院(勝茂の正室(戸田民部小輔女)の侍女で、身分が低かった)とされる。正室は鍋島茂里の娘。子は鍋島直能(長男)、鍋島直朗(次男)、鍋島直治(三男)。官位は従五位下、紀伊守。はじめを直元、通称を三平と称する。

当初は嫡男として扱われていたが、元茂が4歳の時、父・勝茂が徳川家康の養女(岡部長盛の娘)菊姫と再婚したとき、廃嫡された。これは、菊姫との間に生まれた子供を跡継ぎにしようとしたためとも言われている。このため、家督を継ぐことができず、江戸に人質として送られた。祖父である直茂の死去後、その隠居領であった1万石を与えられ、幾度か加増をされ、最終的には寛永19年(1642年)に肥前小城に7万3000石を与えられ(年代については異説あり)、同藩の初代藩主となった。これは鍋島家中ではかなりの高禄であり、廃嫡されたとはいえ、父から冷遇はされていなかったようである。島原の乱にも父と共に従軍している。

剣の腕に優れた達人で、柳生宗矩から印可書を一番に受けたと言われている。木村友重とともに徳川家光の打太刀を務めた。柳生宗矩とは30年にわたる道縁で、死の直前に秘巻「兵法家伝書」を与えられている。承応3年(1654年)に死去し、跡を長男の直能が継いだ。