メインメニューを開く

概要編集

クマザサにおおわれた藪山。整備された登山道はない。ぎふ百山に選定されている[3]。 名前の由来は、山の形がを伏せたような形からきているが、いつのまにか「釜」が「」に変わってしまって山名となった[4]。乗鞍岳との間に野麦峠御嶽山との間に長峰峠がある。飛騨川木曽川支流である西野川、梓川の支流である奈川などの源流の山で、日本の中央分水界の山である。山頂には、二等三角点が設置されている[1]

国土地理院の日本の主な山岳標高の一覧では、鎌ヶ峰までが「飛騨山脈南部」とされている。ちなみに、南の御嶽山は「御嶽山とその周辺」と記され、御嶽山系とされている。

周辺の小屋編集

周辺の山編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年6月10日閲覧。
  2. ^ 日本の主な山岳標高(岐阜県の山)”. 国土地理院. 2011年6月10日閲覧。
  3. ^ 岐阜県山岳連盟『ぎふ百山』岐阜新聞社、1987年7月。ISBN 4905958474
  4. ^ 日本山岳会『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、2005年11月、pp.970-971。ISBN 4-779-50000-1

関連項目編集