長孫皇后(ちょうそんこうごう、601年3月15日 - 636年7月28日)は、中国の太宗李世民皇后であり、唐高宗の母親。小字は観音婢という。本貫河南郡洛陽県李世民との間に李治をはじめとする三男四女を生んだ。唐の名臣長孫無忌を兄に持つ[1]

長孫皇后
の皇后
在位 626年9月16日 - 636年7月28日

別称 文徳聖皇后
出生 仁寿元年2月6日
601年3月15日
死去 貞観10年6月21日
636年7月28日
埋葬 昭陵
結婚 大業9年(613年
配偶者 太宗
子女 李承乾
李泰
高宗
長楽公主
城陽公主
晋陽公主
新城公主
父親 右驍衛将軍長孫晟
母親 高氏
長孫無忌
テンプレートを表示

経歴編集

の右驍衛将軍長孫晟と継室の高氏のあいだの娘として生まれた。609年、長孫晟が世を去ると、異母兄の長孫安業により母と共に追い出され、母方の伯父の高士廉を頼った。613年、13歳で唐国公李淵の次男の李世民の妻となった。618年、唐が建てられると、秦王妃に立てられた。626年玄武門の変の後に皇太子妃となり、李世民が即位すると皇后に冊立された。太宗との間に、下記のように3男4女をもうけた。

皇后は礼法を尊び、いにしえの善悪を鑑として自らを律したとされる。生活は質素で華美な衣服を取らなかったという。他の妃嬪が難産で亡くなったときには、生まれた子である豫章公主を、自分の腹を痛めた子のように養育した。

李世民が政治向きのことを皇后に尋ねると、「雌鶏が夜明けを告げると、家は窮乏します」と言って、なかなか答えようとしなかった。また、兄の長孫無忌が唐朝で重用されるのにはの呂氏や霍氏の前例を持ち出して反対し、異母兄の長孫安業が李孝常の乱に連座して処刑されようとしたときには、叩頭して助命を嘆願した(異母兄の助命は、皇后としての権勢で政治に介入し、かつての恨みをはらしたとみられたくないということである)。

634年、九成宮に行幸して病の床についた。636年、36歳で世を去り、昭陵に陪葬された。諡号を文徳聖皇后といった。彼女の死後、太宗は皇后をたてず、その陵墓をいつもながめていたといわれる。

著書に、今は散逸したが、『女則』10篇があった。

中国史上最も「賢后(賢明な皇后))」として名高い皇后の一人。

子女編集

男子編集

  1. 皇太子李承乾
  2. 魏王李泰
  3. 高宗李治(はじめ晋王)

女子編集

  1. 長楽公主李麗質
  2. 城陽公主
  3. 晋陽公主李明達
  4. 新城公主

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻51 列伝第1「太宗文徳皇后長孫氏伝」
  • 新唐書』巻76 列伝第1「文徳長孫皇后伝」

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 松浦友久『李白伝記論』研文出版、1994年9月、75頁。ISBN 978-4876361205