メインメニューを開く

長野東宝中劇(ながのとうほうちゅうげき)は、かつて長野県長野市権堂町に存在した東宝系の映画館

長野東宝中劇
Nagano Toho Chugeki
情報
正式名称 長野東宝中央劇場
旧名称 菊田劇場→長野市営中央映画劇場
完成 1948年
開館 1948年12月16日
開館公演我等の生涯の最良の年
ウィリアム・ワイラー監督)[1]
閉館 2007年4月15日
最終公演ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』(寺本幸代監督)
客席数 216席
設備 ドルビーデジタル5.1ch
35mm映写機
用途 映画上映
運営 関東共栄興行株式会社
所在地 380-0833
長野県長野市大字鶴賀権堂町1449-1
(現在の「酒菜やまざき本店」の位置)
最寄駅 長野電鉄長野線権堂駅

運営・経営は関東共栄興行(のちの東宝フーズ、2012年解散)が行っていた。

目次

略歴・概要編集

特徴編集

 
市営中央映画劇場時代に上映した『我等の生涯の最良の年』(1946年

千代田劇場→日劇東宝→日劇2(後のTOHOシネマズ日劇スクリーン2)系列のロードショー館。「ゴジラ」「若大将」などの実写シリーズ物から、「ドラえもん」「ポケモン」などのアニメ作品まで数多くの邦画を上映。1ヵ月に1作程度の割合で新作が上映されていた。定員216人(閉館時)。

関連項目編集

長野市内の映画館

出典編集

  1. ^ a b c 「信州のドラマ(28)長野市映の映画館」信濃毎日新聞 1995年10月29日
  2. ^ 手塚昌明監督来長”. ながのフィルムコミッション (2005年6月27日). 2016年12月20日閲覧。
  3. ^ 酒菜やまざき本店 ~以前のお店の場所からすぐ近くにNEW OPEN~”. 30min.(サンゼロミニッツ). IID Inc. (2016年11月16日). 2016年12月20日閲覧。