メインメニューを開く

間下 隼人(ました はやと、1986年8月20日 - )は、日本プロレスラー格闘家福岡県遠賀郡芦屋町出身。佐山聡(初代タイガーマスク)が主宰するリアルジャパンプロレス掣圏真陰流に所属。掣圏真陰流初段。

間下 隼人
プロフィール
リングネーム 間下 隼人
本名 間下 隼人
ニックネーム

怨念の虎

戦慄のバックドロップ
身長 180cm
体重 85kg
誕生日 (1986-08-20) 1986年8月20日(33歳)
出身地 福岡県遠賀郡芦屋町
所属 リアルジャパンプロレス
掣圏真陰流
スポーツ歴 バレーボール
テニス
トレーナー 佐山聡
桜木裕司
デビュー 2007年9月21日
テンプレートを表示


得意技編集

リアルデンジャラスバックドロップ
デビュー戦から使っている垂直落下式バックドロップ
怨返し
変形エメラルド・フロウジョン。相手をボディスラムの体勢で抱え、右腕を相手の股に差し込み左サイドに垂直に落とす技。
ビッグバンクロス
串刺しダブルニーアタック。ドラゴンボールの登場キャラクターであるベジータの必殺技「ビッグバンアタック」より由来。
シャイニングウィザード
ラ・モチストラル
丸め込み技。間下がラ・マヒストラルを使うと、こう称される。間下の推しであるAKB48倉持明日香より由来。
足48の字固め
足4の字固めなのだが、間下が使うとこう称される。由来はAKB48より。
ローリングソバット
初代タイガーマスク直伝の技。間下の場合、ランニング式で使用することが多い。

人物編集

佐山聡の弟子らしく礼儀などしっかりしているが、かなりのヲタク気質で多彩な趣味を持つ。

特にアイドルに至っては中学生の頃から全国各地にモーニング娘。のコンサートを見に行っていたという、高校生になると私設親衛隊にも加入していたほど。中でも後藤真希道重さゆみが好きだったという。

現在は落ち着いてるが元AKB48倉持明日香を熱狂的に応援しており、以前から雑誌やメディアなどでも公言している。秋葉原で行われている劇場公演や握手会、イベントなどにも頻繁に参加しており、倉持のことになると異常に熱くなる。間下曰く「この子が人生で最後の応援するアイドルであり女性」だと言う。プロレスラー名鑑の自身のベストバウトや趣味の欄にまで倉持明日香と書き、イベントや舞台などに個人名でスタンド花を贈るなどといった常軌を逸した行動力からか、他のメンバーからも認知されている程。この熱狂度が伝わり、ツイッターなどで倉持明日香本人がたまに取り上げている。

ヲタクでることを誇りに思っておいる。インタビュー等でヲタクがバックボーン、ヲタクならなかったらレスラーになれなかった。とこ答えている。ヲタクになったことで多くの人と出会い、色んな体験をしたと言う。

現在使用しているリングシューズ(レスリングシューズ)は、当時デビュー戦を控えた間下だったがリングシューズを買える程の余裕がなく困っていたという。その当時、毎月購入していたアイドル雑誌の付録にAKB48の写真が付いており、レア度の高いサイン付きを運良く引き当てる。それを売りに出し何とかデビュー戦にリングシューズが間に合ったという。そのサイン入り写真が現在、間下が応援している倉持のサイン入り写真で間下はこれをキッカケに何かを感じ倉持に興味を持ち始めた。

間下のフィニッシュ・ホールドでもある、リアルデンジャラスバックドロップはデビュー前日に師である佐山聡から教わったもの。背筋力とブリッジの柔らかさを指摘され、師匠の教え通りブリッジの利いた強烈な垂直落下式のバックドロップを披露する。間下自身「使い続けてもっと強力な必殺技にしたい。」と答えている。この記事は週プロモバイルのコラムに掲載され、この担当者がリアルデンジャラスバックドロップと名付けて呼ばれ始める。

日刊スポーツAKB48総選挙マニフェスト番外編「スポーツ界の推しメンは誰だ?!」のコーナーで、プロレス界代表として掲載される。インタビューでは「自分はガチヲタです。倉持さんに一目惚れし、一流のレスラーになるための励みに頑張っている。」とコメントしている。

2010年11月27日。故郷の福岡県遠賀郡芦屋町で開催された、第八回芦屋町教育フォーラムに芦屋中学OBとして出席。中学生や保護者などに熱く夢を語った。

BUBKA7月号にて「AKBレスラー座談会」に出席。「たまたま好きになった子がアイドルだっただけ。」「今年の総選挙は最低200票は入れる」などの名言が炸裂し、他に参加したレスラー達とのレベルの違いを見せ付ける形となった。

入場テーマ曲編集

外部リンク編集