メインメニューを開く

関取(せきとり)とは、大相撲番付階級の総称であり、幕内十両力士を指す。これに対し、幕下以下の力士は取的(正しくは力士養成員)という。

目次

概要編集

呼称は「名乗っただけで関所を通ることができる」ことに由来している[1]

力士は十両に昇進することで、一人前の力士として認められる。関取は一人前力士の総称といえる。関取と取的との差異は、以下のとおり。

  • 日本相撲協会から月給ほか諸手当が支給され、場所毎に与えられる力士褒賞金、引退時の退職金等も大きく増額する。
  • 化粧廻しが用意され、本場所では毎日土俵入りを行う。取組も15日連続で組まれる。
  • 廻しは、本場所用と稽古用の廻しが別々になる。本場所用の廻しは繻子製であり「締め込み」と呼ばれている[2]さがりも締め込みと同色のものを用い、糊付けされる。稽古用の廻しは幕下以下と同じく木綿で出来てはいるが、色は白である[3]
  • 土俵下の控で座布団が用意される(幕内は私用、十両は共用)。
  • 「○○関」と呼ばれるようになり、幕下以下の力士が付け人として身の回りの世話をする。
  • 畳敷雪駄を履くことができる(幕下・三段目の雪駄はエナメル製)。
  • 正装として紋付の着用が許される。
  • 本場所や公式の場では髷を大銀杏に結う(なお、大銀杏はあくまで正装とされるため、関取でも稽古の時など、普段結う髷は丁髷である)。
  • 協会の公式の移動の際に飛行機ではビジネスクラスを利用できる。
  • 部屋によっては幕下以下の力士が生活する大部屋から移動し、専用の個室が与えられる。
  • 結婚が許される。

なお、新十両昇進者は場所前の準備が多いため、番付編成会議の直後に特例として、昇進する事実のみ発表される(正式な昇進は番付発表日付)。

十両を経験することで、力士として一人前とみなされる。一例として、1998年長野オリンピックの際に、力士が各国選手団の先導役を務めたが、その時にも、十両以上の力士だけでなく、幕下以下でも十両経験者が大銀杏を結って参加したことも、そうした考えに基づいたものである。

記録編集

以下の記録は1927年の東西合併以後のものである。

年少昇進記録編集

順位 昇進年齢 四股名 最高位
1位 17歳2か月 貴花田光司(貴乃花光司) 横綱
2位 17歳9か月 萩原寛(稀勢の里寛) 横綱
3位 17歳11か月 北の湖敏満 横綱
4位 18歳0か月 花田満(貴ノ花利彰) 大関
5位 18歳1か月 若瀬川泰二 前頭・1

四股名は十両昇進時のもの。

年長昇進記録編集

順位 昇進年齢 四股名 最高位
1位 34歳5ヶ月 出羽の郷秀之 十両・14
2位 32歳9ヶ月 華王錦武志 十両・6
3位 32歳9ヶ月 小野錦喜三郎 前頭・16
4位 31歳8ヶ月 剣武輝希 前頭・16
5位 31歳8ヶ月 常の山日出男 十両・12

太字は現役力士、四股名は十両昇進時の四股名 (最高位は2017年1月場所終了時)

一部屋の最多関取人数編集

1931年1月場所の出羽海部屋の30人(幕内20、十両10)が最多。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 年収0円がいきなり1600万円に!? 力士の生活が激変する運命の番付とは…”. 2017年9月22日閲覧。
  2. ^ 締め込みの色は「黒・紺・紫色系統の物を使用する」と力士規定に明記されているが、昨今では事実上死文化しており、黄金色、銀鼠色、オレンジ色など様々な色の締め込みが用いられている。
  3. ^ 幕下以下の力士の廻しは本場所用・稽古用兼用である。木綿製の黒色の廻しで、さがりは糊付けされておらず、紐のままの状態である。

関連項目編集