メインメニューを開く

華王錦武志

華王錦 武志(かおうにしき たけし、本名:村田 武志(むらた たけし)、1978年9月14日 - )は秋田県仙北郡美郷町(旧同郡仙南村)金沢出身大相撲力士。東関部屋所属。179cm、163kg。血液型はA型。星座は乙女座。得意技は突き・押し。最高位は西十両6枚目(2011年7月場所)。

華王錦 武志 Sumo pictogram.svg
Kaonishiki 2014 May.JPG
場所入りする華王錦
基礎情報
四股名 華王錦
本名 村田 武志
生年月日 (1978-09-14) 1978年9月14日(40歳)
出身 秋田県仙北郡美郷町(旧仙南村
身長 179cm
体重 163kg
BMI 50.87
所属部屋 東関部屋
得意技 突き、押し
成績
現在の番付 西三段目3枚目
最高位 西十両6枚目
生涯戦歴 365勝341敗38休(105場所)
優勝 序ノ口優勝1回
データ
初土俵 2001年5月場所
備考
2018年11月23日現在

目次

来歴編集

仙南中学校時代に相撲部に入部し、1993年(平成5年)の全国都道府県中学生相撲選手権大会、全国中学校相撲選手権大会では団体ベスト8、個人でもベスト8に入っている。秋田県立大曲農業高等学校時代には国体にも出場している。東洋大学に進学し、大学4年次には主将として全国学生選手権(インカレ)団体優勝を果たした。この大会の決勝では垣添率いる日本体育大学を破った。後に当時のこの大会の様子を「団体戦はみんなで盛り上がって楽しむという雰囲気があります。自分の時は4年が1人で、大丈夫だから俺のところまで持って来いと言ったら、準決勝とか決勝は本当に大将まで回ってきました(笑)」と述懐している。[1] 大学3年生の頃までは大相撲入りを決断し切れずにいたが、気弱で内向的な性格の高見盛が大相撲に順応して番付を駆け上がっていった様子を見て高見盛と同じ東関部屋への入門を志すようになる。東洋大卒業後の2001年5月場所において部屋で初土俵を踏み、翌年7月場所にいきなり序ノ口優勝を果たす。その後も順調に出世し、わずか1年余りで幕下に昇進した。2004年7月場所では自己最高位の東幕下14枚目に番付を上げたものの1勝6敗と負け越し、それ以降は休場の影響から三段目への陥落もあったものの主に幕下中位から下位に定着していた。

2011年5月技量審査場所で西幕下3枚目の位置で5勝2敗と勝ち越しを決め、翌7月場所において新十両へ昇進した。32歳9ヶ月での新十両は戦後3位となる年長昇進記録で、学生相撲出身では戦後最年長での新十両記録、初土俵から所要60場所での新十両も学生相撲出身力士では史上1位のスロー出世記録となった。秋田県出身の新関取も2003年3月場所の豪風以来丸8年ぶりであった。その7月場所は6勝9敗と負け越し、翌9月場所では右膝半月板損傷のために6日目から休場し、8日目には再出場したものの、9日目の武州山との取組で負傷を悪化させて10日目から再び休場した。

その後幕下上位で相撲を取り続けていたが、2013年1月場所を最後に部屋の関取である高見盛が引退し、入門以来初の部屋頭の地位に就くことになる。しかしこれ以降は番付を落としていき、2016年1月場所では三段目に陥落した。40歳が迫ってからは幕下と三段目の往復が続いており、2015年9月場所を最後に幕下では勝ち越せていない。

エピソード編集

  • 四股名「華王錦」は高見盛に中華料理屋へ連れて行ってもらった際にヒントを得て命名したという説がある。
  • 新十両昇進会見は祖母の86歳の誕生日でもあり、祖母への誕生日プレゼントとして悲願の関取を果たした当の華王錦本人は32歳でありながら年甲斐も無く「自分はおばあちゃんっ子」と話した様子が話題になった。[2]

主な成績編集

2018年11月場所終了現在

  • 通算成績:365勝341敗38休(105場所)
  • 十両成績:8勝16敗6休(2場所)

場所別成績編集

 

                                                  
華王錦 武志
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2001年
(平成13年)
x x (前相撲) 西序ノ口43枚目
優勝
7–0
西序二段30枚目
6–1 
西三段目64枚目
6–1 
2002年
(平成14年)
東三段目11枚目
1–4–2 
西三段目44枚目
休場
0–0–7
西三段目44枚目
5–2 
東三段目19枚目
4–3 
西三段目7枚目
4–3 
西幕下55枚目
5–2 
2003年
(平成15年)
西幕下36枚目
0–7 
西三段目11枚目
休場
0–0–7
西三段目11枚目
4–3 
東幕下60枚目
5–2 
東幕下36枚目
2–5 
東幕下55枚目
5–2 
2004年
(平成16年)
東幕下32枚目
4–3 
西幕下23枚目
5–2 
東幕下14枚目
1–6 
東幕下32枚目
5–2 
西幕下19枚目
1–6 
西幕下42枚目
5–2 
2005年
(平成17年)
西幕下28枚目
5–2 
西幕下16枚目
3–4 
西幕下23枚目
3–4 
西幕下29枚目
4–3 
西幕下22枚目
3–4 
東幕下29枚目
2–3–2 
2006年
(平成18年)
西幕下44枚目
休場
0–0–7
西三段目24枚目
休場
0–0–7
東三段目85枚目
6–1 
西三段目27枚目
6–1 
西幕下46枚目
6–1 
東幕下20枚目
2–5 
2007年
(平成19年)
東幕下37枚目
4–3 
西幕下28枚目
2–5 
東幕下48枚目
5–2 
東幕下33枚目
4–3 
西幕下25枚目
6–1 
東幕下9枚目
4–3 
2008年
(平成20年)
東幕下6枚目
2–5 
西幕下16枚目
4–3 
西幕下10枚目
4–3 
東幕下8枚目
3–4 
東幕下15枚目
5–2 
西幕下5枚目
3–4 
2009年
(平成21年)
東幕下11枚目
5–2 
東幕下6枚目
3–4 
西幕下10枚目
3–4 
西幕下14枚目
6–1 
西幕下3枚目
3–4 
西幕下8枚目
2–5 
2010年
(平成22年)
東幕下19枚目
2–5 
東幕下35枚目
5–2 
西幕下22枚目
4–3 
東幕下19枚目
4–3 
東幕下12枚目
3–4 
東幕下17枚目
5–2 
2011年
(平成23年)
西幕下8枚目
5–2 
八百長問題
により中止
西幕下3枚目
5–2 
西十両6枚目
6–9 
西十両9枚目
2–7–6[3] 
西幕下4枚目
1–6 
2012年
(平成24年)
東幕下14枚目
4–3 
東幕下9枚目
1–6 
東幕下31枚目
6–1 
西幕下9枚目
4–3 
西幕下7枚目
3–4 
東幕下13枚目
4–3 
2013年
(平成25年)
西幕下9枚目
3–4 
西幕下12枚目
2–5 
東幕下29枚目
5–2 
東幕下17枚目
2–5 
西幕下31枚目
4–3 
西幕下23枚目
4–3 
2014年
(平成26年)
東幕下18枚目
1–6 
西幕下39枚目
5–2 
東幕下27枚目
4–3 
東幕下23枚目
3–4 
東幕下31枚目
4–3 
西幕下24枚目
3–4 
2015年
(平成27年)
東幕下33枚目
4–3 
西幕下26枚目
3–4 
東幕下36枚目
2–5 
西幕下56枚目
5–2 
西幕下36枚目
2–5 
西幕下52枚目
3–4 
2016年
(平成28年)
東三段目筆頭
4–3 
西幕下52枚目
3–4 
西三段目4枚目
3–4 
東三段目13枚目
4–3 
西三段目3枚目
1–6 
西三段目36枚目
5–2 
2017年
(平成29年)
西三段目8枚目
2–5 
西三段目33枚目
4–3 
東三段目20枚目
5–2 
東幕下57枚目
2–5 
東三段目25枚目
5–2 
東幕下60枚目
3–4 
2018年
(平成30年)
西三段目16枚目
2–5 
東三段目42枚目
3–4 
東三段目57枚目
3–4 
東三段目73枚目
4–3 
東三段目55枚目
6–1 
西三段目3枚目
0–7 
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

各段優勝編集

  • 序ノ口優勝:1回(2001年7月場所)

改名歴編集

  • 村田 武志(むらた たけし)2001年7月場所~2003年7月場所
  • 華王錦 武志(かおうにしき-)2003年9月場所~

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『相撲』2013年12月号87頁
  2. ^ ばあちゃんやったよ!苦節10年「思い出して胃が痛い感じだった」 Sponichi Annex 2011年5月25日 12:26
  3. ^ 右膝半月板損傷のため6日目から休場、8日目に再出場したもののけがを悪化させて、10日目から再休場。

関連項目編集

外部リンク編集