関 弘美(せき ひろみ、1959年2月22日 - )は、日本の女性アニメプロデューサー福井県出身[1]

せき ひろみ
関 弘美
生年月日 (1959-02-22) 1959年2月22日(63歳)
出生地 日本の旗 日本福井県
職業 プロデューサー
ジャンル テレビアニメ
アニメーション映画
活動期間 1987年 -
主な作品
テレビアニメ
 
受賞
毎日映画コンクール
アニメーション作品賞

2020年魔女見習いを探して
テンプレートを表示

東映アニメーションに所属し、テレビ企画部長(2008年)、企画製作本部・企画開発スーパーバイザー(2012年)等を経て、営業企画本部所属プロデューサー(2020年現在)[2][3]

主なプロデュース作品に『ママレード・ボーイ』、『おジャ魔女どれみ』シリーズ、『デジモンアドベンチャー』シリーズなどがある[1][3]

人物編集

東映アニメーションで、独立して一人でプロデュースを担当した初の女性プロデューサー[3]

『おジャ魔女どれみ』を創出したシリーズプロデューサーであり、女性(女児)向けアニメーション作品のプロデュースを数多く手懸ける[1]

テレビ朝日系列の日曜朝8時30分枠のアニメを数多く手掛け[注 1]、"ニチアサの母"と呼ばれている[1]

経歴編集

早稲田大学在学中、東映不思議コメディーシリーズの『ロボット8ちゃん』『バッテンロボ丸』の脚本を執筆し、その後、雑誌ライター等を経験。

1985年に東映動画(現:東映アニメーション)入社[2]。同期に『おジャ魔女どれみ』のシリーズディレクターだった佐藤順一がいる[4]

1987年、『レディレディ!!』のアシスタントプロデューサーで初めてアニメ制作に携わる。1993年の『GS美神』からはプロデューサーを務めるようになる。1994年の『ママレード・ボーイ』で、初めて企画を独力で立ち上げ、単独でプロデュースする[3]

1999年2月より、入社当時からの夢であり、東映アニメとしても15年ぶりとなるオリジナル企画作品『おジャ魔女どれみシリーズ』のプロデューサーを務める[2][4]。前作『夢のクレヨン王国』を高く評価した朝日放送のプロデューサーの「同じプロデューサー、監督、脚本で」という後押しのおかげであり、「こんなチャンスは二度と来ないかもしれない」と考えてやりたかったことを実行することにした[2]。また、東映ではたとえ評価の高い作品でもビジネスとして成功しないとしばらく作れない時期が訪れるということがわかっていたので、何が何でも当てることを決意したという[4]

同1999年3月より、『デジモンアドベンチャー』のプロデューサーも担当[5]

2015年6月1日より、企画営業本部の企画開発スーパーバイザーに就任している。それまでは、企画営業本部のテレビ企画部長と映画室長を務めていた。

エピソード編集

  • アニメーションのプロデューサーとしては珍しく、二つのテレビアニメ作品を掛け持ちで担当することが多い。かつてシナリオライターとして活動していた経験から、シナリオ監修としても携わるほど企画面においては一切の妥協を見せない。
  • 「おジャ魔女どれみ」シリーズの登場人物である関先生は、彼女の名前から取られている。「魔女見習い」という呼称も、関自身が東映入社時から数年間「プロデューサー見習い」と呼ばれていたことから。

参加作品編集

プロデュース作品編集

テレビアニメ編集

1987年
1988年
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年

劇場作品編集

1988年
1989年
  • ひみつのアッコちゃん『東映まんがまつり』
  • ひみつのアッコちゃん 海だ! おばけだ!! 夏祭り『東映まんがまつり』
1991年
1992年
1993年
1994年
  • GS美神 極楽大作戦!!『東映アニメスペシャル』
1995年
  • ママレード・ボーイ『東映アニメフェア』
1996年
  • ご近所物語『東映アニメフェア』
1997年
  • 花より男子『東映アニメフェア』
2000年
2004年
2020年

Webアニメ編集

2011年
2012年
  • 京騒戯画 第二弾(エグゼクティブプロデューサー)
2019年
  • デジモンアドベンチャー20th メモリアルストーリー(スーパーバイザー)
  • おジャ魔女どれみ お笑い劇場(企画)

脚本編集

特撮番組編集

出演編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ アシスタントプロデューサー時代も含め、1990年9月の『まじかる☆タルるートくん』から2004年1月の『明日のナージャ』まで一貫してプロデューサーを担当し、その後も2009年から2012年まで同枠の「プリキュアシリーズ」の企画を担当していた。
  2. ^ a b 関ひろみ名義。

出典編集

外部リンク編集