東映不思議コメディーシリーズ

東映不思議コメディーシリーズ(とうえいふしぎコメディーシリーズ)は、フジテレビ系列で1981年10月から1993年10月までの12年間に放送されていた、石ノ森章太郎原作、東映制作による一連の特撮コメディードラマシリーズである。

目次

概要編集

物語やキャラクターの性質に共通性のない一方、作品世界に内包される異質さ・不思議さが共通していることから、ファンからこのように呼称された。制作のきっかけは1981年に「仮面ライダーシリーズ」(『仮面ライダースーパー1』)と「ウルトラシリーズ」(『ウルトラマン80』)が一旦終了し、空想キャラクター系の実写作品が「スーパー戦隊シリーズ」だけになってしまったためである。なお、「メタルヒーローシリーズ」の第1作の『宇宙刑事ギャバン』がスタートしたのも同時期である。

原作は石ノ森章太郎、じゃあまん探偵団魔隣組まではプロデューサーは平山亨、アクションも大野剣友会が務め、初期のスタッフは「仮面ライダーシリーズ」と同じものも多い。

時間帯は、関東地区では毎週日曜日の朝09:00 - 09:30で、ローカルセールスに準じた扱いのため、地域によって放送時間やスポンサーセールス(スポンサードネット扱いと番組販売扱い)が異なっていた。別名は東映不思議特撮シリーズ。当初はファンから呼称されており、製作側は単にホームコメディー枠としていたが、『不思議少女ナイルなトトメス』以降製作側も使用するシリーズ名になった[1]。『ビーファイターカブト』終了後の『ビーロボカブタック』『テツワン探偵ロボタック』も公式にはメタルヒーローシリーズとなっているが、作風は本シリーズに近い。

シリーズの放送期間中、他の東映特撮シリーズであるスーパー戦隊シリーズ、仮面ライダーシリーズ、メタルヒーローシリーズは幾度か番組放送時間の変更があったが、今シリーズでは番組放送時間の変更はなかった。

初期はロボットや宇宙生物、妖精などの小生物といった非人間のキャラクターがメインとなるもので、その後第7作・8作は少年探偵団系の作品、第9作以後は美少女アイドルを起用した作品と路線が変わって行った。

シリーズものとしてひとくくりにされているが、このシリーズの制作意図は“変なことをやる”であり[2]、当シリーズ全ての作品は単発作品として扱われることが多い。元々世界観を共有させる作品を作る予定は無く、『ぱいぱい』と『いぱねま』を除いて各作品間には世界観や時間軸に直接の関係はない。

本シリーズ以前に、同作者のロボットものでは『がんばれ!!ロボコン』や『ロボット110番』、アイドル系では『好き! すき!! 魔女先生』や『透明ドリちゃん』といった作品がすでに存在し、個々の作品はそれらの後継作品といえる。

シュールな脚本を得意とする浦沢義雄が全作品に携わっている。『ポワトリン』に関しては石ノ森に「僕が担当するのは基本となる路線、デザイン、そしてヒロイン像ですね。あとはうち(石森プロ)の担当が脚本の浦沢さんのところにいって奇妙な脚本が出来上がってくるというわけです」という発言が残るほど[3]、彼の力量が影響力を持っていたシリーズである。また他にシリーズを支えた鍵として、大半のタイトルのネーミングを考えた石原隆プロデューサー[4]、音楽担当として多くに携わった本間勇輔、クレイイラスト担当の林恭三東京ヴォードヴィルショーからキャスティングされた佐渡稔市川勇ワハハ本舗からキャスティングされた柴田理恵佐藤正宏、美少女アイドル路線に舵を切った『ぱいぱい』から4作連続、足掛け3年にわたり主人公の父親役でキャスティングされた斉木しげるなどが挙げられる。

1993年10月に最終作『有言実行三姉妹シュシュトリアン』の放送終了をもってシリーズは12年間の歴史に幕を閉じ、現行放送中の東映アニメーション制作のアニメ枠に移行した。シュシュトリアンの終盤である第40話では、『ウルトラマン』との共演が実現した。ちなみに同話は本シリーズの実質的な最終制作作品となった。

2012年12月8日公開の映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』にて、本シリーズのうち、美少女仮面ポワトリンがリファインされて登場した。

作品リスト編集

レギュラー作品編集

ロボット・生物シリーズ編集

作品名 放送期間 話数 備考
1 ロボット8ちゃん 1981年10月4日 - 1982年9月26日 全52話
2 バッテンロボ丸 1982年10月3日 - 1983年9月25日 全51話
3 ペットントン 1983年10月2日 - 1984年8月26日 全46話 最高視聴率20.5%とシリーズ史上最高の視聴率を記録した[5]
本放送終了後にスペシャル版を放送
4 どきんちょ!ネムリン 1984年9月2日 - 1985年3月31日 全31話
5 勝手に!カミタマン 1985年4月7日 - 1986年3月30日 全51話
6 もりもりぼっくん 1986年4月6日 - 12月28日 全39話 本作より制作著作・フジテレビのロゴが現行の目玉マーク入りのロゴに変更される。

探偵団シリーズ編集

作品名 放送期間 話数 備考
7 おもいっきり探偵団 覇悪怒組 1987年1月11日 - 12月27日 全50話 ここから原則放送開始が1月、最終話が12月となる。
8 じゃあまん探偵団 魔隣組 1988年1月10日 - 12月25日 全50話 『魔隣組』終了後の翌年元日には、上記の『覇悪怒組』とのクロスオーバ
ー作品が放送された(「特番放映」を参照)。

美少女シリーズ編集

作品名 放送期間 話数 備考
9 魔法少女ちゅうかなぱいぱい! 1989年1月15日[6] - 7月9日 全26話 主人公の変身後のコスチュームはいずれも中国ベース。
唯一のストーリー上つながりのある作品である。
10 魔法少女ちゅうかないぱねま! 1989年7月23日 - 12月24日 全23話
11 美少女仮面ポワトリン 1990年1月7日 - 12月30日 全51話 乙女塾3期生・歌手コースの一員だった花島優子が主演を務めた。
12 不思議少女ナイルなトトメス 1991年1月6日 - 12月29日 全51話 乙女塾5期生の一員だった堀川早苗が主演を務めた。
主人公の変身後のコスチュームはエジプトベース。
第30話「ワルサの恋人」で通算放送回数500回を達成。
13 うたう!大龍宮城 1992年1月5日 - 12月27日 全51話 浦島太郎』をモチーフにした、ミュージカル仕立てのドラマで
ある。
14 有言実行三姉妹シュシュトリアン 1993年1月10日 - 10月31日 全42話 本作をもって『東映不思議コメディーシリーズ』は終了。

劇場作品編集

特番放映編集

  • 月曜ドラマランド さよなら!!夏休み ペットントンスペシャル(1984年8月27日放映)
  • 探偵団スペシャル 魔隣組対覇悪怒組 ジゴマVS魔天郎(1989年1月1日放映)

セルフパロディ編集

シリーズ終了後の展開編集

歴代プロデューサー編集

映像ソフト化編集

シリーズ終了10周年を記念し、2003年より本シリーズのDVDが不定期にリリースされている。DVD化されているのは『ロボット8ちゃん』、『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』 - 『有言実行三姉妹シュシュトリアン』である。

補足編集

  • 石川テレビでは、『勝手に!カミタマン』の途中まではフジテレビとの同時ネットだったが、本来の放送時間帯に自社製作のバラエティ番組が移動したために、土曜7:30 - 8:00に差し替えとなった。
  • 関西地方では『ロボット8ちゃん』から『魔隣組』までは、関西テレビ放送で時差ネット放送された。『ちゅうかなぱいぱい!』から『シュシュトリアン』までの美少女路線は、サンテレビジョン京都放送でスポンサードネット扱いで放映された。
  • テレビ新広島では同時ネットだった時期もあったが、自社制作の中国電力(テレビ新広島の設立母体で大株主)一社提供枠が移動(『エンジェルツアーハッピークイズ』以降)してからは平日16時台の遅れネットとなった。
  • 『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』以降は毎年7月に放送される『FNSの日』放送日は放送休止となった。
  • 山陰中央テレビでは、1989年10月日本海テレビ日本テレビ系列マストバイ転換でテレビ朝日『スーパー戦隊シリーズ』が同局から移行した影響で『ちゅうかなぱいぱい』以降が未放送となった。
  • この枠の番組はフジテレビや同時ネット局では「終わり」「また来週」といったエンディングがなく、スポンサー提供の後すぐスポットCMに移行するという編成を取っていた。なお、遅れネットの系列局では、手書きフリップなど独自のエンドカードまたはテロップを用意した例もあった。
  • コロムビアミュージックエンタテインメントから発売の「主題歌・挿入歌大全集」はウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊・メタルヒーローの各シリーズとは異なり、『8ちゃん』『ロボ丸』『ぼっくん』(『がんばれ!!ロボコン』なども含む)の3作と『ペットントン』から『シュシュトリアン』を収録したCDがそれぞれ発売された。
  • 『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』より従来のアフレコ形式から同時録音方式となった。これは東映特撮としては初である。
  • 本シリーズは俳優が素顔で演じる作品が多いため、各地のキャラクターショーといったイベントは少ない。そのため、後楽園ゆうえんちでの『スーパーヒーロー大集合』ショーのような、他のヒーローとの共演への参加も、全作品ともほとんどない。
  • 2015年10月1日に東映が開設したスマートフォン向けアプリ「東映特撮ファンクラブ」では、当シリーズの一部の作品を配信。同じ東映の仮面ライダー、スーパー戦隊、メタルヒーローの各シリーズは全作品が配信なのに対し、当シリーズは『8ちゃん』から『ネムリン』と『ちゅうかなぱいぱい』から『シュシュトリアン』を配信している。

脚注編集

  1. ^ 『不思議少女ナイルなトトメス DVD VOL.1のブックレット。
  2. ^ 『うたう!大龍宮城 VOL.3』のブックレット。
  3. ^ 「ヒーローファイル 美少女仮面ポワトリン」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、90頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  4. ^ 『うたう!大龍宮城 VOL.3』のブックレットで浦沢義雄の発言。
  5. ^ ビデオリサーチ調べ、関東地区
  6. ^ 当初は1月8日放送開始予定だったが、昭和天皇崩御の特別番組編成のため1週延期。

関連項目編集

フジテレビ 日曜朝9時台前半
前番組 番組名 次番組
東映不思議コメディーシリーズ