関 鉄矢(せき てつや、1994年2月8日 - )は日本男性総合格闘家神奈川県横浜市出身。SONIC SQUAD所属。現ZSTフェザー級王者。

関 鉄矢
基本情報
本名 関 鉄矢
通称 アイアンアロー
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-02-08) 1994年2月8日(30歳)
出身地 神奈川県横浜市
所属 SONIC SQUAD
身長 177.5cm
体重 66.0kg
リーチ 179.5cm
階級 フェザー級
バックボーン ボクシング[1]
テーマ曲 もぐらの唄
(Express)
テンプレートを表示

来歴 編集

神奈川県横浜市に生まれる。幼い頃から高校2年生までは野球に没頭し、野球をやめた後、体を鈍らせないためにボクシングジムに通いはじめる。そこで幼なじみで総合格闘家の渡邉龍太郎と再会し、これがきっかけで渡邉の所属するSONIC SQUADにて総合格闘技を始めた。

2013年10月12日、ZSTでプロデビュー。ドンキーコングNOBUに一本勝ち。

2016年5月28日、中国鄭州で開催された武林籠中対(WLF MMA)4でヌーアルティエビィエクーにTKO負け。

2017年11月25日、ZST.54にて橘川尋貴とZSTフェザー級王者決定戦で対戦。判定勝ちし、第4代ZSTフェザー級王座を獲得した。

RIZIN 編集

2020年8月9日RIZIN初参戦。RIZIN.22で内村洋次郎との対戦が決まっていたが内村が怪我で欠場。代役の神田コウヤと対戦し、2RTKO勝利[2][試合映像 1]

2021年3月21日、RIZIN.27にて堀江圭功と対戦し、3Rに右ストレートでダウンを奪われた後、パウンドによりTKO負けを喫した[3][試合映像 2][補足映像 1]

2022年5月5日、RIZIN LANDMARK vol.3にてGLADIATORフェザー級王者の原口央と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[4][補足映像 2]

2022年7月31日、RIZIN.37中原由貴と対戦し、0-3の判定負けを喫した[5]。中原の対戦相手の佐々木憂流迦がコロナウイルス感染により欠場したことで急遽代打での試合だった。

2023年6月24日、RIZIN.43で遠藤来生と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[6]

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 8 2 5 0 1 0
9 4 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
遠藤来生 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.43 2023年6月24日
× 中原由貴 5分3R終了 判定0-3 RIZIN.37 2022年7月31日
原口央 5分3R終了 判定3-0 RIZIN LANDMARK vol.3 2022年5月5日
山本歩夢 1R 2:50 腕ひしぎ三角固め DEEP 105 IMPACT 2021年12月12日
× DJ.taiki 5分3R終了 判定0-3 DEEP 103 IMPACT 2021年9月23日
× 堀江圭功 3R 1:16 TKO(右ストレート→パウンド) RIZIN.27 2021年3月21日
神田コウヤ 2R 3:47 TKO(右ストレート) RIZIN.22 - STARTING OVER - 2020年8月9日
浜松ヤマト 5分2R終了 判定3-0 ZST.66 2019年8月13日
鈴木琢仁 3R 2:05 TKO(パウンド) ZST.63 2019年1月27日
カラム・ルイス 5分2R終了 判定1-0 ZST.61 2018年8月13日
樋沼朝光 5分2R終了 判定3-0 ZST.59 2018年3月17日
橘川尋貴 2R 1:56 負傷判定2-1 ZST.58 ~旗揚げ15周年記念大会~
【第4代ZSTフェザー級王者決定戦】
2017年11月25日
島村裕 2R 1:43 TKO(パウンド) ZST.57 2017年9月10日
ニコス・レプカ 3R TKO(パンチ) AUSTRALIAN FIGHTING CHAMPIONSHIP 19 2017年4月15日
直斗 2R 4:07 TKO(パンチ) ZST.55 2017年2月24日
橘川尋貴 2R 3:28 アームバー ZST.54 ~旗揚げ14周年記念大会~ 2016年11月27日
× 山本哲也 3分3R終了 判定0-3 VTJ 8th 2016年9月19日
川村謙 2R 2:24 TKO ZST.52 2016年8月7日
× ヌーアルティエビィエクー 1R 2:30 TKO 武林籠中対(WLF MMA)4 in 鄭州 2016年5月28日
× 小笠原均 2R 2:53 TKO(ドクターストップ) ZST.48 2015年10月18日
× 金井塚信之 2R 0:52 リアネイキッドチョーク ZST in YOKOSUKA vol.2 2015年8月1日
真鍋朝行 1R 2:30 KO(膝蹴り) ZST CHALLENGE 141 2015年5月24日
× 檜山勇斗 5分2R終了 判定0-2 ZST.43-旗揚げ12周年記念大会- 2014年11月23日
鈴木廣二 2R 4:51 TKO(パンチ) ZST in YOKOSUKA vol.1 2014年6月29日
× 柏崎剛 2R 4:19 TKO(タオル投入) SWAT!53 2013年12月22日

アマチュア総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
小林良太 2R 1:16 TKO(パンチ) ZST.42 2014年8月31日
ドンキーコングNOBU 1R 2:11 フロントチョーク ZST in YOKOSUKA プレ旗揚げ大会 2013年10月12日

獲得タイトル 編集

脚注 編集

試合映像 編集

  1. ^ 【試合映像】関鉄矢 vs. 神田コウヤ / Tetsuya Seki vs. Kouya Kanda - RIZIN.22』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2020年https://www.youtube.com/watch?v=85engptcTiM 
  2. ^ 【試合映像】関鉄矢 vs. 堀江圭功 / Tetsuya Seki vs. Yoshinori Horie - RIZIN.27』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=VWNLEIjMbj4 

補足映像 編集

  1. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #69(※試合映像&関鉄矢と堀江圭功による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=Oaqx3PHucMY 
  2. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #100(※番組内で試合映像。関鉄矢と原口央による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=OfFogyHGs1k 

関連項目 編集

外部リンク 編集