メインメニューを開く

阿マの家 平和と女性人権館

座標: 北緯25度03分37秒 東経121度30分33秒 / 北緯25.060296度 東経121.509288度 / 25.060296; 121.509288

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 阿マの家 平和と女性人権館
阿嬤家-和平與女性人權館
Ama Museum
Rain in Ama Museum 20171014.jpg
施設情報
管理運営 婦女救援基金会
所在地 中華民国の旗 中華民国台湾台北市大同區迪化街一段256号
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

阿マの家 平和と女性人権館中国語:繁体字: 阿嬤家-和平與女性人權館英語:AMA MUSEUM)は、台湾台北市大同区にある、慰安婦記念館。2016年12月10日開館した[1][2]。「阿マ(阿嬤)」は「おばあちゃん」を意味し、施設名称は「おばあちゃんの家-平和と女性人権館」を表す。

概要編集

婦女救援基金会1992年より慰安婦に関する調査と、日本政府に対する賠償請求運動を開始[1]2004年同基金会は、元慰安婦の物語の保存を行うための場所を探し始める[1]。そして人々からの募金および支援により開館所在地を見つけている[1]

2016年3月には、看板除幕式に当時の馬英九総統が参列。そして12月10日本館は正式開館した。開館除幕式には、蔡英文政権から鄭麗君文化部部長(文化大臣)が出席している[3]。一般公開は11日より開始された[3]

脚註・参考文献編集

  1. ^ a b c d 台湾初、元慰安婦の歴史資料館開館”. 中央広播電台 (2016年12月10日). 2016年12月21日閲覧。
  2. ^ 台湾初の慰安婦記念館が開館”. Record China (2016年12月11日). 2016年12月21日閲覧。
  3. ^ a b 慰安婦記念館がオープン”. 時事通信社 (2016年12月10日). 2016年12月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集