メインメニューを開く
艦歴
建造所 シーヒプス・アンド・サンズ
起工
進水
竣工 1856年
就役 安政5年10月(1858年)に佐賀藩が購入、明治元年(1868年)徴発
その後 明治4年6月(1871年)売却解体
要目
排水量 300トン
全長 長さ:49.1m (27間)[1]
全幅 幅:8.18m (4間半)
吃水
機関 100馬力
速力
航続距離
燃料
乗員
兵装 砲10門

電流丸(でんりゅうまる)は佐賀藩所有の軍艦。排水量およそ300トンの木製コルベットだった。

艦歴編集

安政3年(1856年)にオランダロッテルダムで竣工、原名は「ナガサキ」。安政5年10月(1858年)に佐賀藩が10万ドルで購入、藩の主要な港であった三重津海軍所で運用された。同海軍所で電流丸の蒸気罐製造の製作場が設けられ田中久重らがその担当者となっていたことや、キールの銅板が張替えられた記録が残っている。明治元年(1868年)に新政府軍が徴発した。

明治元年(慶応4年)3月26日(1868年4月18日)に大阪天保山沖で日本で初めての観艦式が行われた。この時は観兵式の名称で行われ、本船は旗艦として参加した。

明治4年(1871年)に国軍への献納の申し出があったが老朽艦のため砲のみ受け取り、同年6月に伊万里で売却解体された[2]

この時に日本海軍籍(当時の軍務官の管理下)となったかどうかには諸説があり、藤原彰『軍艦史』では明治2年の函館の役終了後の軍務官管理の艦の一つに揚げられ、『近世帝国海軍史』によると入籍しなかったという。また福井静夫『帝国海軍艦艇一覧表』では雑軍艦の項に記載があるという[3]。『日本海軍史』では上記の通り、砲のみを受け取ったとなっている。

参考文献編集

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 勝部真長・松本三之助・大口勇次郎編『勝海舟全集 13』勁草書房、1974年。

脚注編集

  1. ^ 要目は『勝海舟全集13』p351による。『日本海軍史 第7巻』によると長さ46.9m、幅8.1m、機関100馬力。
  2. ^ 『日本海軍史』による。
  3. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』による。

関連項目編集