メインメニューを開く

箱館湾海戦(はこだてわんかいせん)は、戊辰戦争の一連の戦闘のうち、箱館戦争における1戦闘であり、1869年5月20日(明治2年4月9日)の新政府軍(明治政府)の蝦夷上陸から6月20日(旧暦5月11日)の箱館総攻撃までの間に函館湾で行われた海戦である。

箱館湾海戦
箱館湾海戦
箱館湾海戦の様子。
手前は新政府軍の春日丸甲鉄艦
戦争箱館戦争戊辰戦争
年月日:(旧暦明治2年4月9日 - 同年5月11日
グレゴリオ暦1869年5月20日 - 同年6月20日
場所渡島国函館湾
結果新政府軍の勝利
交戦勢力
Flag of the Japanese Emperor.svg 新政府軍 蝦夷共和国
指導者・指揮官
Flag of the Japanese Emperor.svg 増田虎之助 蝦夷共和国 荒井郁之助
戦力
軍艦6隻 軍艦3隻
損害
撃沈1隻 座礁2隻
拿捕1隻
戊辰戦争

戦闘の経過編集

北海道南部に拠った箱館政権の艦隊は回天丸を中心に、蟠竜丸千代田形丸の3隻の軍艦から成っていた。

それに対して新政府軍は、甲鉄艦を旗艦として、朝陽丸春日丸陽春丸延年丸丁卯丸の6隻の軍艦から成り、艦砲射撃で陸上の要塞を破壊して陸上部隊の上陸を支援する事を主任務としていた。

 
朝陽丸を撃沈する蟠竜丸

6月10日(旧暦4月30日)に千代田形丸が新政府側に拿捕され、箱館政権の軍艦は回天丸と蟠竜丸だけになる。両艦とも数多くの命中弾を受けながらよく戦ったが、6月16日(旧暦5月7日)に回天丸の機関部が損傷。弁天台場付近で意図的に座礁させ、砲台的に利用されるようになる。

6月20日(旧暦5月11日)の箱館総攻撃の折には、蟠竜丸が新政府軍の朝陽丸の弾薬庫に砲弾を命中させ、朝陽丸は爆発、轟沈。これによって箱館政権軍の士気を大いに高めるが、程なく蟠竜丸も浅瀬に乗り上げて座礁してしまう。

箱館政権が全ての軍艦を損失した事により、箱館戦争における海戦は終了。戊辰戦争の最終舞台は陸上戦へと移った。制海権を掌握した新政府軍は、甲鉄艦により、箱館政権軍が拠点とした五稜郭への艦砲射撃を旧暦5月12日に開始。同月18日に箱館政権は降伏した[1]

脚注・出典編集

  1. ^ 【戊辰戦争の考古学】(4)五稜郭 行政機関を要塞化/新政府軍の猛攻に無力『読売新聞』朝刊2018年8月15日(文化面)。

参考文献編集