メインメニューを開く

青森松竹アムゼ(あおもりしょうちくアムゼ)は、青森県青森市にあるショッピングセンター、「サンロード青森」に隣接する映画館

青森松竹アムゼ
Aomori Shouchiku Amz

SUNROAD Aomori.jpg
青森松竹アムゼがあるサンロード青森

情報
正式名称 青森松竹アムゼ
開館 1997年3月
収容人員 (3スクリーン)352人
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLP
用途 映画上映
運営 有限会社シネマセンター[1]
所在地 030-8533
青森県青森市緑3丁目9-2
サンロード青森アムゼ地下1階
位置 北緯40度48分29.1秒 東経140度45分14.3秒 / 北緯40.808083度 東経140.753972度 / 40.808083; 140.753972座標: 北緯40度48分29.1秒 東経140度45分14.3秒 / 北緯40.808083度 東経140.753972度 / 40.808083; 140.753972
アクセス JR青森駅よりバスで15分
青森空港より車で20分
外部リンク http://www.s-cinema.com/
特記事項 スクリーン1と2はサラウンドEX対応。
BLACK BOX
店舗概要
所在地 030-0862
青森県青森市古川1丁目14-3
開業日 2013年5月24日
(グランドオープン日)
建物名称 BLACK BOXビル
施設所有者 株式会社トノサキ
営業時間 各フロアによって異なる
駐車台数 なし台
前身 青森松竹会館
後身 BLACK BOX
最寄駅 青森駅
最寄IC 青森中央IC
外部リンク http://blackbox.padou.jp/
テンプレートを表示

ここでは、当館の前身『青森松竹会館』(あおもりしょうちくかいかん、現「BLACK BOXビル」)についても述べる。

歴史編集

  • 1938年昭和13年)8月:青森市寺町(現在の同市本町一丁目辺り)に「青森松竹劇場」として開業[2]
  • 時期不明:同市堤町に「青森松竹館」として移転[2]
  • 1960年代頃:弘前市に本社を置く「明治屋グループ」に譲渡され、「青森松竹会館」となる[1]も、程なくして現在の運営会社である有限会社シネマセンターに経営が譲られる[1]
  • 1997年平成9年)3月:サンロード青森地下1階に「青森松竹アムゼ」開業[1]
  • 1998年(平成10年)7月:松竹アムゼが3スクリーン体制となる[1]
  • 2003年(平成15年)1月26日:青森松竹会館を閉鎖する[1]
  • 2013年(平成25年)5月24日:青森松竹会館跡地に「BLACK BOXビル」がグランドオープン。

データ編集

館名 所在地 観客定員数
青森松竹アムゼ 青森市緑3丁目9-2
サンロード青森アムゼ地下1階
スクリーン1:161
スクリーン2:108
スクリーン3:73
青森松竹会館
(青森松竹1・2)
青森市古川1丁目14-3
(現「BLACK BOXビル」)
230人(2階多目的イベントスペース、パイプイス設置時)

概要編集

1997年3月[注 1]、サンロード青森アムゼの地下1階に「青森松竹アムゼ」としてオープン。当初は1スクリーンのみだったが、1998年7月に2スクリーン増設し現在に至る[1]

館名に『松竹』とあるように、主に松竹系の作品が上映されているが、近年は東宝系作品の上映が多い他、まれに東映の作品やミニシアター向きの邦画を上映することもある。横浜聡子監督(青森市出身)は自作上映の際にアムゼを訪れることがあり、2009年の『ウルトラミラクルラブストーリー』では松山ケンイチ[3]と共に舞台挨拶を行っている。

元々、市内中心部である青森市古川1丁目には『青森松竹会館』が存在し、映画館「青森松竹1・2」や味噌カレー牛乳ラーメンで知られる「味の札幌」[4][注 2]などのテナントが入居していた。アムゼ開館後も松竹会館は営業を継続していたが、市内に登場したシネコンの影響などにより2003年1月26日に青森松竹は閉館を余儀なくされる。それ以降建物自体は残存したままだったが、2012年、同館と同じ古川1丁目にある宝石店『PADOU(パドゥ)』が取得。同年11月3日11月4日にコスプレ撮影会イベント[5]を行って以降、建物内の改装を行い、2013年5月24日に『BLACK BOXビル』としてグランドオープンした。

BLACK BOXビルのフロア構成編集

フロア 入居施設
2階 BLACK HALL(多目的イベントホール)
1階 マグワート トマト(ベジタブルショップ)
wantsuca(Bar)
ハイボール酒場 一代目(居酒屋)
あおもりラジオくらぶ(コミュニティFM)
修理工房さとう(靴修理・合鍵)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 同時期には同市古川にある「奈良屋劇場」が「シネマディクト」となって再オープンしている。
  2. ^ 後に古川パークビル1階に移転し『味の札幌 大西』として営業中。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 青森松竹アムゼ”. 港町キネマ通り (2016年11月). 2017年2月27日閲覧。
  2. ^ a b 昭和13年(1938年)8月に青森市寺町に開業した青森松竹劇場…。”. 青森太郎. Twitter (2017年2月26日). 2017年2月27日閲覧。
  3. ^ “松ケンが映画ウルミラをPR/青森” (日本語). 東奥日報 (東奥日報社). (2009年5月30日) 
  4. ^ 歴史をたどる”. 青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会. 2012年11月29日閲覧。
  5. ^ 旧青森松竹会館”. Seis Luna:青森. 2013年6月8日閲覧。

外部リンク編集