青森県道37号弘前柏線

日本の青森県の道路

青森県道37号弘前柏線(あおもりけんどう37ごう ひろさきかしわせん)は、青森県弘前市つがる市を結ぶ県道主要地方道)である。

主要地方道
青森県道37号標識
青森県道37号 弘前柏線
主要地方道 弘前柏線
制定年 1983年
起点 弘前市北緯40度37分44.2秒 東経140度27分12.7秒 / 北緯40.628944度 東経140.453528度 / 40.628944; 140.453528 (県道37号起点)
県道31号県道41号交点
終点 つがる市柏(北緯40度48分7.7秒 東経140度23分56.6秒 / 北緯40.802139度 東経140.399056度 / 40.802139; 140.399056 (県道37号終点)
国道101号交点
接続する
主な道路
記法
都道府県道31号標識
青森県道31号弘前鯵ケ沢線
都道府県道41号標識
青森県道41号弘前環状線
都道府県道35号標識
青森県道35号五所川原岩木線
国道101号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要 編集

弘前市石渡の青森県道31号弘前鯵ケ沢線青森県道41号弘前環状線交点から岩木川の左岸を北方向へ国道339号と平行して進み、つがる市柏で国道101号に接続する。

路線データ 編集

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

歴史 編集

路線状況 編集

1998年平成10年)には弘前市三和地区から鶴田町野木地区の区間、2000年(平成12年)12月27日には鶴田町野木地区から木筒地区の区間[4]2007年(平成19年)12月にはつがる市柏地区で[要出典]、それぞれバイパス工事がそれぞれ完了し、供用開始した。これにより、弘前市三和地区からつがる市柏地区までは時間短縮が図られた。

2007年(平成19年)12月30日には弘前市新和地区に架かる新桂橋架け替え工事が完了し、供用開始した。[要出典]

重複区間 編集

地理 編集

通過する自治体 編集

交差する道路 編集

脚注 編集

  1. ^ 管内土木施設関係資料”. 青森県中南地域県民局地域整備部 (2012年3月31日). 2014年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c 県道の路線の認定”. 青森県 (1983年1月11日). 2018年1月13日閲覧。
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  4. ^ 2000年12月28日東奥日報朝刊2面「鶴田のバイパス工事 一部が新たに完成」記事から

関連項目 編集