メインメニューを開く

面影橋停留場

日本の東京都新宿区にある都電荒川線の停留場

面影橋停留場(おもかげばしていりゅうじょう)は、東京都新宿区西早稲田三丁目の新目白通り上にある、都電荒川線(東京さくらトラム)停留場である。停留場名は神田川に架かるの名からとられた。駅番号SA 29

面影橋停留場
Omokagebashi Station.jpg
おもかげばし
Omokagebashi
SA 28 学習院下 (0.5km)
(0.5km) 早稲田 SA 30
所在地 東京都新宿区西早稲田三丁目
駅番号 SA 29
所属事業者 東京都交通局
所属路線 都電荒川線(東京さくらトラム)
キロ程 11.7km(三ノ輪橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1930年昭和5年)3月30日
テンプレートを表示

停留場構造編集

全ての施設が新目白通り(東京都道8号千代田練馬田無線)の中央に位置する。ホームは2面2線で、面影橋交差点を挟んで西側に三ノ輪橋方面、東側に早稲田方面のホームがある。

面影橋電停のりば
乗車ホーム 路線 方向 行先
北側   都電荒川線(東京さくらトラム) 上り 早稲田方面
南側 下り 大塚駅前王子駅前三ノ輪橋方面

新目白通りが拡張されるまでは、当停留場は神田川を渡ってすぐの併用軌道上にあったが、道路拡張時に都電の線路が道路中央に位置するように移設され、現在の位置になっている。当停留場の先から早稲田停留場までは専用軌道であったが、現在は高戸橋方面に向かう車道に変わった。

停留場周辺編集

 
山吹之里の石碑

新目白通りの北に神田川が流れている。停留場名の由来となった面影橋は、江戸時代から代替わりしながらこの位置に架かる橋である。橋を渡った所にあったオリジン電気(現・オリジン)本社工場跡(2015年に埼玉県さいたま市に移転)前には太田道灌ゆかりの山吹の里の碑がある。周辺には中・高層の住宅が多く、商店はまばらである。

歴史編集

もともと王子電気軌道の設置した停留場だったが、戦後高田馬場駅方面に分岐する路線が建設され、早稲田経由で茅場町との間を結ぶ15系統が設定された。しかし先に廃止され、再び元の姿に戻っている。

  • 1930年昭和5年)3月30日 - 開業。
  • 1942年(昭和17年)2月1日 - 王子電気軌道が東京市に買収され、東京市電の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 東京都制の施行に伴い、東京都電の駅となる。
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 15系統の面影橋 - 高田馬場駅間(戸塚線)開業。
  • 1968年(昭和43年)9月29日 - 面影橋 - 高田馬場駅間廃止。

隣の停留場編集

東京都交通局
  都電荒川線(東京さくらトラム)
早稲田停留場 (SA 30) - 面影橋停留場 (SA 29) - 学習院下停留場 (SA 28)

関連項目編集

外部リンク編集