メインメニューを開く

頃安 祐良(ころやす ゆうすけ、1984年12月24日 - )は、日本映画監督岡山県出身。日本大学大学院藝術学部映像芸術専攻前期課程修了。

ころやす ゆうすけ
頃安 祐良
生年月日 (1984-12-24) 1984年12月24日(34歳)
出生地 日本の旗 日本岡山県
ジャンル 映画監督
主な作品

映画
『シュナイダー』
『想いは壁を通り抜けて、好きな人に逢いに行く』

『あの娘、早くババアになればいいのに』
テンプレートを表示

略歴・人物編集

大学時代から多くの自主映画を製作。卒業制作として発表した「穢れ多き、人に非ず」が第11回京都国際学生映画祭で準グランプリを受賞。代表作「シュナイダー」は東京学生映画祭グランプリをはじめ、第31回ぴあフィルムフェスティバルなどの様々な映画祭に入選した[1]。「あの娘、早くババアになればいいのに」は第7回田辺・弁慶映画祭で弁慶グランプリと市民賞をW受賞[2]

また、映画を製作する一方で、アイドルネッサンストクマルシューゴ、埋火のミュージックビデオを製作。SKE48乃木坂46といったアイドルグループのCD特典映像も手がけている。

監督作品編集

映画編集

  • 穢れ多き、人に非ず(2007年)
  • シュナイダー(2008年)
  • Milord(2009年)
  • Milord #2(2009年)
  • パンティの話(2009年) - 三代川達として参加
  • Goodnight Bad Morning(2009年)
  • マイ・サンシャイン(2010年)
  • ひからびた肌(2011年)
  • 想いは壁を通り抜けて、好きな人に逢いに行く(2011年)
  • ぴかぴか(2012年)
  • 降霊(2012年)
  • あなたの知らない怖い話4(2012年)
  • あの娘、早くババアになればいいのに(2013年)
  • マイ・フレンドシップ・キルト(2015年)
  • 「トウキョーの夜」の朝(2015年)
  • ファーストアルバム(2016年)
  • Qちゃん(2016年)
  • 中年よ、神話になーれ!(2017年)

ドラマ編集

  • Re:Mind(2017年) - 第7話、第8話
  • 東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜(2018年)[3]

ミュージックビデオ編集

プロモーションビデオ編集

  • 乃木坂46
    • 桜井玲香 個人PV:「苦手克服!明日への第一歩」(2012年)
    • 井上小百合 個人PV : 「ともだちのともだち」(2014年)
    • 若月佑美 個人PV : 「卒業式のあとに、」(2014年)
    • 井上小百合&斉藤優里 ペアPV : 「愛の飛び蹴り」(2015年)
    • 深川麻衣&若月佑美 ペアPV : 「結婚式/ロマンス」(2015年)
    • 高山一実 個人PV:「誰がために」(2015年)
    • 伊藤万理華 個人PV:「20」(2016年)
    • 久保史緒里 個人PV:「個人PVについて私が知っている五、六の事柄」(2017年)
    • 吉田綾乃クリスティー 個人PV:「一ヶ月前、春のうた」(2018年)
    • 井上小百合 個人PV:「Weekend」(2018年)
  • 欅坂46
    • けやき坂46 特典映像:「けやきちゃんと。」(2019年)
  • 日向坂46
    • けやき坂46ストーリー ~ひなたのほうへ~(2019年)
      • 「柿崎芽実」「佐々木美玲」「河田陽菜」(Type-A収録)
      • 「金村美玖」「富田鈴花」「渡邉美穂」(Type-B収録)
      • 「加藤史帆」「東村芽依」「宮田愛萌」(Type-C収録)
  • あ、ピンチ。
    • 牛乳寒天なつみん 個人PV : 「かわいいもの feat. WM」(2017年)

その他の作品編集

  • 夢眠ねむ&Maa 夢眠姉妹のわくわく♡キュイジンヌ - ディレクター
  • 中元日芽香ドキュメンタリー「最後のあいさつ~Her Last Bow~」(2018年) - 監督
  • きくちゃんの愉快な旅(2018年 加藤史帆監督) - 監督補佐[4]

受賞歴編集

穢れ多き、人に非ず

  • 第11回京都国際学生映画祭 - 準グランプリ[5]

シュナイダー

  • 第12回水戸短編映像祭 - 入選
  • 第21回東京学生映画祭 - グランプリ[1]
  • 第31回ぴあフィルムフェスティバル - 入選
  • 京都国際学生映画祭特別上映作品
  • うえだ城下町映画祭 - 古厩智之賞受賞[6]

マイ・サンシャイン

  • 第14回水戸短編映像祭 - 準グランプリ[7]

想いは壁を通り抜けて、好きな人に逢いに行く

  • 第12回TAMA NEW WAVE - 入選[8]

あの娘、早くババアになればいいのに

  • 第7回田辺・弁慶映画祭 - 弁慶グランプリ、市民賞[2]
  • 第14回TAMA NEW WAVE - 入選[9]

中年よ、神話になーれ!

  • 第11回さぬき映画祭 さぬきストーリー・プロジェクト ショートムービーコンペティション - グランプリ[10]

出典編集

  1. ^ a b 若い力に驚いた! 第21回東京学生映画祭レポート”. シネマジャーナル (2009年6月7日). 2018年11月4日閲覧。
  2. ^ a b 第7回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門受賞作品決定!”. 田辺・弁慶映画祭実行委員会 (2013年11月10日). 2018年11月4日閲覧。
  3. ^ 稲垣吾郎×要潤×勝地涼のAmazonドラマ『東京BTH』12月配信 草彅剛も登場”. CINRA.NET (2018年10月19日). 2018年11月4日閲覧。
  4. ^ けやき坂・加藤“監督”映像作品をファン激賞 「劇場で場で見られるのはいつ?」 “補佐役”頃安監督「いつか本当に映画化することを願って…」”. zakzak (2018年9月4日). 2018年11月4日閲覧。
  5. ^ ARCHIVE 映画祭アーカイブ|京都国際学生映画祭|日本最大の国際学生映画祭”. 京都国際学生映画祭. 2018年11月4日閲覧。
  6. ^ うえだ城下町映画祭自主制作映画コンテスト”. うえだ城下町映画祭自主制作映画コンテスト事務局. 2018年11月4日閲覧。
  7. ^ 水戸短編映像祭 コンペティション部門 Archive”. cinemapunch. 2018年11月4日閲覧。
  8. ^ 第12回TAMA NEW WAVEコンペティション”. TAMA CINEMA FORUM. 2018年11月4日閲覧。
  9. ^ 第14回TAMA NEW WAVE”. TAMA CINEMA FORUM. 2018年11月4日閲覧。
  10. ^ さぬき映画祭2017レポート”. さぬき映画祭実行委員会. 2018年11月4日閲覧。

外部リンク編集