伊藤万理華

日本の女優、乃木坂46の元メンバー

伊藤 万理華(いとう まりか、1996年平成8年〉2月20日 - )は、日本女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである[1]大阪府生まれ、神奈川県育ち[注 1]乃木坂46合同会社所属[3][4]。身長158 cm[5]。血液型はO型[1]。愛称は、まりっか[1]

いとう まりか
伊藤 万理華
生年月日 (1996-02-20) 1996年2月20日(25歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
出身地 日本の旗 日本神奈川県
身長 158 cm
血液型 O型
職業 女優イラストレーター
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2011年 -
事務所 乃木坂46合同会社
公式サイト 伊藤万理華オフィシャルサイト
主な作品
映画
アイズ
サマーフィルムにのって
テレビドラマ
お耳に合いましたら。
舞台
『墓場、女子高生』
備考
乃木坂46元メンバー(2011年 - 2017年)
テンプレートを表示

来歴

4歳の時、バレエを始める[6]。小学2年生まで大阪府吹田市に住んでいたが、神奈川県に転居後も引き続きバレエを習った。小学生時代はダンス部の部長を務める[7]。中学校では部活動はせず、バレエに専念した[8]

中学生の頃、芸能事務所『フロスツゥー』に所属し[9]、モデルを目指し[10]、様々なオーディションを受験した[11]。高校1年生の夏[12]、それまでバレエを習いながら[10]、モデル活動をしてきたが[13]、身長が足りないことでファッションモデルになりきれず[14]、なかなか人生の目標が定まらなかったため[10]、最後の挑戦として乃木坂46の1期生オーディションを受験した[11]

2011年(平成23年)8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではaikoの「カブトムシ」を歌った[15]。合格後、学校は転校せずに普通科の高等学校を通い続けた[16]。同年11月14日、乃木坂46公式ブログを開始した[17]

2012年(平成24年)2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「左胸の勇気」「会いたかったかもしれない」でCDデビューした[18]。同年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「狼に口笛を」で初のセンターを務めた[19]。同年8月22日、乃木坂46の3rdシングル「走れ!Bicycle」で初の選抜メンバーに選ばれた[20]

2013年(平成25年)3月13日、乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」の特典映像に初のソロ曲「まりっか'17」が収録された[21]。特典映像では親戚から貰ったピンク色のビーツ・エレクトロニクスのヘッドフォンが使用され[22]、乃木坂46 Official YouTube Channelにおける個人ムービーの再生回数で1位を獲得した[23]

2014年(平成26年)3月、高等学校を卒業後[24]、芸術系の大学へ進学した[12]

2015年(平成27年)3月12日、ファッション誌『CUTiE』で「万理華の脳内」の連載を開始した[25]。同年6月、映画『アイズ』で初の主演を務めた[26]。同年6月5日、グラフィックデザイン専門誌『月刊MdN』で「MARIKA MEETS CREATORS」の連載を開始した[27]

2016年(平成28年)1月8日、乃木神社で成人式を迎えた[28]

2017年(平成29年)9月4日放送の『乃木坂工事中』(テレビ愛知)において、乃木坂46の19thシングル「いつかできるから今日できる」で井上小百合とともに初めて福神を務めることが発表された[29]。同年10月2日、自身の公式ブログで、年内での乃木坂46からの卒業を発表した[30][31]。初の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」開催(2017年10月5日 - 15日・東京、10月21日 - 12月3日・京都、11月17日 - 12月3日・福岡)を機としての決意だとしている[32]。同年12月23日、仙台で行われた個別握手会をもって乃木坂46を卒業[33]

2018年(平成30年)1月31日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖された[34]。同年2月20日、自身の誕生日に1st写真集『エトランゼ』を発売[35][36]。同年3月23日から25日にかけて配信された「NOGIZAKA46 6th Anniversary 乃木坂46時間TV」に出演し、乃木坂46卒業後、初めてメンバーとの共演を果たした[37]

同年12月23日、乃木坂46合同会社による公式サイトを開設[3]

2020年(令和2年)11月2日、第33回東京国際映画祭で主演作『サマーフィルムにのって』が特別招待作品として上映された[38][39]

2021年(令和3年)7月スタートの『お耳に合いましたら。』(テレビ東京)で地上波連続ドラマ初主演[40]

同年8月13日、新型コロナウイルス感染を公表[41]。放送中の『お耳に合いましたら。』は7月31日にクランクアップしている[41]

人物

愛称は、まりっか[1]、まりか[42]、まりちゃ、ベビたん[43]。キャッチ・フレーズは「乃木坂46のベビーフェイス担当、伊藤万理華」である[44]。伊藤万理華の「万理華」は万(花満開)、理(賢く)、華(華やかで美しく)という意味を込め[45]、祖父から名づけられた[46]。兄がいる[44]。父親はグラフィックデザイナー、母親はファッションデザイナー[47]

嗜好

好きな食べ物は茄子、ビーフジャーキー、ミョウガ[43]。好きなつまみはチャンジャをクリームチーズにのせたやつ[48]。将来の目標は女優[43]、ファッション関連の仕事[49]、個展[50]。憧れの人物は宮崎あおい[51]ikumi菊池亜希子[52]。爬虫類が好き[53]

よく聴く音楽はクラシック、ジャズ[注 2]、ロック[44]。よく聴くアーティストは空想委員会[55]相対性理論[56]東京事変APOGEE[注 3]ASIAN KUNG-FU GENERATIONGalileo Galilei[57]。おすすめの曲はLenka「Heart Skips A Beat」、APOGEE「Star Honey」、J.A.M「産業革命」、Galileo Galilei「SIREN」、椎名林檎「カーネーション[58]

趣味

趣味は鉱石の観察・収集[59]、ダンス、ファッションコーディネイト[9]、古着屋・雑貨屋めぐり、抹茶スイーツを食べること[注 4]、豆乳を飲むこと[43]

苔はふんわりした苔を好み、とくにホソウリゴケやギンゴケを好む[61]。苔を好きになった理由は、自然が好きで緑色に興味を惹かれたからである[61]

鉱石は人工的に削られた鉱石ではなく、他の石が付着しているような原石のままの鉱石を好み、鉱石のなかに小宇宙をみている[52]

ファッションコーディネイトは菊池亜希子、デザイナーのeriを参考にしている[47]。小学生の頃から母のお下がりを着て育ち[62]、中学生の頃から『装苑』を読み始めた[52]。カーキや紫のような渋く、くすんだ色を好む[52]。ファッションで参考にしている雑誌は装苑花椿、Rookie、マッシュ[45]

特技

特技はを描くこと[9]、クラシックバレエ[注 5]、ダンス、書道[注 6] 、変顔[43]

絵を描くことは、子どもの頃から好きで将来の夢は漫画家[10]、バレリーナ、ファッションデザイナーだった[45]。自作の漫画もある[64]。好きな漫画は『たいようのいえ』、『となりの怪物くん』、『アオハライド』、『花と落雷[65]。好きなアニメは『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『坂道のアポロン[66]。得意科目は体育、美術で[67]、中学生時代は美術の成績が5だった[68]。芸術ではシュルレアリスムを好む[55]

ダンスはクラシックバレエ、ジャズダンス、ヒップホップの経験がある[51]

乃木坂46

乃木坂46では「狼に口笛を」、「生まれたままで」、「ここにいる理由」などのカップリング曲でセンターを務めた[69]。乃木坂46では個人として全員が活躍し、グループとして集まることが理想[70]

伊藤万理華・井上小百合中元日芽香で「温泉トリオ (湯けむり3姉妹)」[注 7]伊藤寧々・伊藤万理華で「伊藤ちゃんず」という非公式ユニットを結成した[73]。「伊藤ちゃんず」は結成当初「W伊藤」という名称だったが、伊藤万理華が「伊藤ちゃんず」という名称に変更した[74]

乃木坂46で好きな振付は「バレッタ[75]。好きなミュージック・ビデオは「シャキイズム」、「あらかじめ語られるロマンス」、「きっかけ[76]

作品

シングル

乃木坂46

まゆ坂46

坂道AKB

アルバム

乃木坂46

映像作品

出演

テレビドラマ

WEBドラマ

その他のテレビ番組

  • 『サマーフィルムにのって』もうひとつの青春の1ページ(2021年6月29日、TOKYO MX)[89]

映画

短編映画

舞台

CM

広告

  • ウンナナクール(2018年)[109]
  • MOOSIC LAB 2018イメージモデル(2018年11月17日 - 12月14日、新宿K's cinema・アップリンク渋谷)[110]

ミュージック・ビデオ

イベント

書籍

写真集

連載

小説

  • 羽ばたくシガイ(2014年4月15日 - 、IZURU KUMASAKA) - 作・熊坂出、絵・伊藤万理華[124]
  • さらばアンサツシャ(2014年 - 、IZURU KUMASAKA) - 作・熊坂出、絵・伊藤万理華[125]
  • 神隠しのボレロ(2014年 - 、IZURU KUMASAKA) - 作・熊坂出、絵・伊藤万理華[125]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1996年2月20日、大阪府で生まれた後に神奈川県へ転居したため、出生は大阪府だが出身は神奈川県である[2]
  2. ^ ジャズは上原ひろみを好む[54]
  3. ^ APOGEEは兄に教えてもらった[47]
  4. ^ 好きなスイーツはチーズケーキ、ミルクレープ、あんみつ、抹茶味のスイーツ[60]
  5. ^ クラシックバレエの経験は4歳から15歳まである[45]
  6. ^ 書道は習字の先生である祖母に習っていた[63]
  7. ^ 「温泉トリオ」と表記する場合もあれば[71]、「湯けむり3姉妹」と表記する場合もある[72]
  8. ^ 初回仕様限定盤には「伊藤万理華の脳内博覧会」会場限定で上映された映像作品「トイ」「はじまりか、」が収録されている[77]
  9. ^ 当日に公開されたのは、東京・ユーロスペースでのレイトショー(20:30~)のみである[96]

出典

  1. ^ a b c d “伊藤 万理華(いとう まりか) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年3月11日). http://www.asahi.com/edu/nogizaka46/profile/itoumarika.html 2013年3月11日閲覧。 
  2. ^ 伊藤万理華 (2012年3月22日). “99回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月22日閲覧。
  3. ^ a b 伊藤万理華 オフィシャルWEBサイトがOPEN!”. 伊藤万理華 オフィシャルサイト. 乃木坂46合同会社 (2018年12月23日). 2018年12月23日閲覧。
  4. ^ 伊藤万理華|乃木坂46合同会社所属 タレント一覧”. 乃木坂46合同会社. 2019年9月21日閲覧。
  5. ^ 伊藤 万理華”. 乃木坂46LLC. 2021年5月3日閲覧。
  6. ^ 「伊藤万理華 ONE AND ONLY」『OVERTURE』No.002、徳間書店、2015年3月19日、34頁。ISBN 978-4-19-710401-7
  7. ^ 伊藤万理華 (2012年3月9日). “91回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月9日閲覧。
  8. ^ 伊藤万理華 (2015年7月20日). “焼き込み好み。654回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月20日閲覧。
  9. ^ a b c 伊藤万理華”. タレント・オフィス flos two. フロスツゥー. 2010年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月23日閲覧。
  10. ^ a b c d 伊藤万理華 (2012年8月21日). “一周年*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月21日閲覧。
  11. ^ a b 「秋の乃木坂46集中講座その3-あなたなら誰を推す? 乃木坂46 1期生32人パーフェクトファイル」『EX大衆』2013年11月号、双葉社、2013年10月15日、月刊版、11頁。ASIN B00FBKF5E0
  12. ^ a b 伊藤万理華 (2014年3月17日). “人形のパーツ。556回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月17日閲覧。
  13. ^ “乃木坂46のメンバーに芸能関係者が多数加入! 秋元康のライバル発言の本気度は高い!?”. メンズサイゾー (サイゾー). (2011年8月22日). http://www.menscyzo.com/2011/08/post_2924.html 2013年4月15日閲覧。 
  14. ^ 篠本634「乃木坂46物語 Another Story 「アンダーライブ前夜〜夜明け前の闇の中で〜」」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、58頁。ASIN B01518F35W
  15. ^ “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(2)【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). https://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_02.htm 2014年2月14日閲覧。 
  16. ^ 伊藤万理華 (2014年3月17日). “人形のパーツ。556回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月17日閲覧。
  17. ^ 伊藤万理華 (2011年11月14日). “初BloG*ベビたん”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月14日閲覧。
  18. ^ 乃木坂46「会いたかったかもしれない」『ぐるぐるカーテン』Type-C、Sony Music Records、2012年5月2日。ASIN B006P3MNZ6
  19. ^ 乃木坂46「狼に口笛を」『おいでシャンプー』Type-B、Sony Music Records、2012年2月22日。ASIN B007KAVVDS
  20. ^ メンバー紹介(3rdシングル『走れ!Bicycle』の選抜メンバー)”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2012年8月22日). 2014年8月16日閲覧。
  21. ^ 「“個人PVの女王”伊藤万理華 全作品を振り返る」『EX大衆』2014年2月号、双葉社、2014年1月15日、月刊版。ASIN B00HEQRE6G
  22. ^ 伊藤万理華 (2014年7月16日). 乃木坂46 伊藤万理華「ファイナルとマーシャルを使い分けています」(2/3). インタビュアー:荒井敏郎. ASCII.jp.. https://ascii.jp/elem/000/000/907/907792/index-2.html 2014年7月16日閲覧。 
  23. ^ 「打倒AKB、やれんのか? 乃木坂の乱! vol.21-伊藤万理華 17歳のジレンマ」『BUBKA』2013年9月号、BUBKA編集部、白夜書房、2013年7月31日、月刊版。ASIN B00E0MTLFY
  24. ^ “乃木坂46・伊藤万理華、小説の表紙デザイン担当! きっかけは「乃木坂の4人」”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年4月14日). http://news.mynavi.jp/news/2014/04/14/276/ 2014年4月14日閲覧。 
  25. ^ “まさに“乃木坂尽くし” ラブリーウイルスで 「CUTiE」を席巻”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月12日). オリジナルの2015年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150315014924/http://mdpr.jp/review/detail/1473364 2015年3月12日閲覧。 
  26. ^ “伊藤万理華、鈴木光司氏「アイズ」で映画初主演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年3月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1442358.html 2015年3月5日閲覧。 
  27. ^ ““アート好き”乃木坂46・伊藤万理華、クリエイター訪ねる新連載”. ナタリー (ナターシャ). (2015年6月4日). http://natalie.mu/music/news/149521 2015年8月4日閲覧。 
  28. ^ “乃木坂46の成人式で酒豪ぶりを見せつけたメンバーは誰?【フォトレポート】”. 日刊SPA! (扶桑社). (2016年1月8日). http://nikkan-spa.jp/1026544 2016年1月8日閲覧。 
  29. ^ “乃木坂46 19thシングル選抜 齋藤飛鳥&西野七瀬のWセンターに”. DWAGO.JP NEWS (ドワンゴ). (2017年9月4日). https://news.dwango.jp/2017/09/04/147600/idol/ 2017年9月4日閲覧。 
  30. ^ 伊藤万理華、乃木坂46からの卒業を発表”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年10月2日). 2017年10月2日閲覧。
  31. ^ 伊藤万理華 (2017年10月2日). “脳内。783回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月2日閲覧。
  32. ^ a b “乃木坂伊藤万理華が初の個展「ふらっと立ち寄って」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201709200000069.html 2017年9月20日閲覧。 
  33. ^ a b 伊藤万理華 (2017年11月10日). “きっかけ。787回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月10日閲覧。
  34. ^ 【お知らせ】伊藤万理華、中元日芽香のブログクローズに関しまして”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年12月28日). 2017年12月28日閲覧。
  35. ^ “乃木坂46伊藤万理華、22歳の誕生日に1st写真集発売”. ナタリー (ナターシャ). (2017年12月7日). https://natalie.mu/music/news/259974 2017年12月13日閲覧。 
  36. ^ “伊藤万理華の写真集「エトランゼ」の表紙公開”. ナタリー (ナターシャ). (2018年1月25日). https://natalie.mu/music/news/266762 2018年1月27日閲覧。 
  37. ^ 乃木坂46 [@nogizaka46] (2018年3月25日). "先程の犬メン冠番組に卒業生の #伊藤万理華 が遊びに来てくれました! #乃木坂46 #乃木坂46時間TV #犬メン #伊藤万理華" (ツイート). Twitterより2020年9月26日閲覧
  38. ^ a b “伊藤万理華、時代劇に夢中になる女子高生監督役に 主演SF青春映画2021年公開決定”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年9月26日). https://www.crank-in.net/news/81258/1 2020年9月26日閲覧。 
  39. ^ 特別招待作品『サマーフィルムにのって』It's a Summer Film]”. 第33回東京国際映画祭 10.31-11.9. 2021年7月15日閲覧。
  40. ^ a b “元乃木坂伊藤万理華、地上波連続ドラマ初主演 ポッドキャストも連動配信”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2021年6月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202106090000668.html 2021年6月10日閲覧。 
  41. ^ a b “元乃木坂の女優伊藤万理華がコロナ感染 微熱と倦怠感 濃厚接触者はなし”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108130000606.html 2021年8月13日閲覧。 
  42. ^ 『BOMB』2012年1月号、学研マーケティング、2011年12月9日、月刊版。ASIN B006BAK22E
  43. ^ a b c d e 「乃木坂46 名鑑」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2012年11月13日。ASIN B006NSVZUW
  44. ^ a b c 伊藤万理華 (2014年7月16日). 乃木坂46 伊藤万理華「ファイナルとマーシャルを使い分けています」(1/3). インタビュアー:荒井敏郎. ASCII.jp.. https://ascii.jp/elem/000/000/907/907792/ 2014年7月16日閲覧。 
  45. ^ a b c d 伊藤万理華 (2014年9月12日). “なんでもないふり。 600回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月12日閲覧。
  46. ^ 「すっぴんのぎざか♡100問100答」『non-no』2017年4月号、吉川由希子、集英社、2017年2月20日、157-159頁。ASIN B01N188QL6
  47. ^ a b c 「After Talk 03 Marika Ito」『mirror』創刊号、SHIROIRO LIGHET〈melantrick photo book〉、2015年12月20日、44頁。ASIN B0191EIV1A
  48. ^ 「二十歳の誓い アイドル誌上成人式 乃木坂46 生駒里奈×伊藤万理華×川村真洋」『EX大衆』2016年2月号、双葉社、2016年1月15日、61頁。ASIN B00BALEOO6
  49. ^ 伊藤万理華 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/13/4/ 2011年11月2日閲覧。 
  50. ^ 「次世代注目メンバー CLOSE-UP! 乃木坂46 U-18 ウワサの美少女名鑑」『FLASHスペシャル』2015新年号、光文社、2014年12月26日、不定版、15頁。ASIN B00R1MM15M
  51. ^ a b 伊藤万理華 (2011年11月19日). “6回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月19日閲覧。
  52. ^ a b c d 「乃木坂46 星野みなみ+伊藤万理華」『PORKER FACE』Shizuka Aoi、アスペクト〈アスペクトムック〉、2015年8月22日、5-20頁。ISBN 978-4-7572-2446-9
  53. ^ 大貫真之介「3カ月連続まいまい卒業応援企画 深川麻衣と語ろう。 最終回ゲスト:伊藤万理華」『EX大衆』2016年7月号、双葉社、2016年6月15日、22-23頁。ASIN B01EVM430K
  54. ^ 伊藤万理華 (2014年3月21日). “ろうそく、片手にパソコン。557回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月21日閲覧。
  55. ^ a b 伊藤万理華 (2014年9月12日). “なんでもないふり。 600回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月12日閲覧。
  56. ^ 伊藤万理華 (2012年12月11日). “315回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月11日閲覧。
  57. ^ 伊藤万理華 (2014年7月16日). 乃木坂46 伊藤万理華「ファイナルとマーシャルを使い分けています」(3/3). インタビュアー:荒井敏郎. ASCII.jp.. https://ascii.jp/elem/000/000/907/907792/index-3.html 2014年7月16日閲覧。 
  58. ^ 「NOGIZAKA46 My Favorite PLAY-LIST 伊藤万理華」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.02、大小田真・大窪由香、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年6月29日、72-73頁。ISBN 978-4-04-895646-8
  59. ^ “(乃木坂46日々是勉強)伊藤万理華 バレエの先生に今も感謝”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年9月2日). http://www.asahi.com/articles/ASH8Y6WVKH8YUCVL014.html 2015年9月2日閲覧。 
  60. ^ 伊藤万理華 (2011年11月22日). “9回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月22日閲覧。
  61. ^ a b 「シリーズ わたしのこだわり (第五回) 乃木坂46 伊藤万理華のコケ」『Top Yell』2015年3月号、大貫真之介、竹書房、2015年2月6日、59頁。ASIN B00S5TKK8K
  62. ^ 伊藤万理華 (2016年3月26日). 乃木坂46のファッショニスタ・伊藤万理華、独特のセンスが光る! そのルーツとは? モデルプレスインタビュー. インタビュアー:modelpress編集部. モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1573827 2016年3月26日閲覧。 
  63. ^ 伊藤万理華 (2012年1月4日). “45回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月4日閲覧。
  64. ^ 伊藤万理華 (2013年4月27日). “414回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  65. ^ 伊藤万理華 (2013年3月14日). “383回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月14日閲覧。
  66. ^ 伊藤万理華 (2013年6月19日). “445回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月19日閲覧。
  67. ^ 伊藤万理華 (2012年3月30日). “104回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月30日閲覧。
  68. ^ 大貫真之介 (2014年6月24日). “乃木坂46・伊藤万理華がいつかアイドルの概念を覆す日”. エンタメNEXT. 徳間書店. 2014年6月24日閲覧。
  69. ^ “乃木坂46、アンダー旋風巻き起こる新曲「生まれたままで」MV公開”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ&マグネット). (2014年3月11日). https://www.musicman-net.com/artist/34137.html 2014年3月11日閲覧。 
    “乃木坂46、アンダーメンバーが8000人を前にパフォーマンス “全員センター”で新たな一面も”. リアルサウンド (サイゾー). (2014年12月13日). http://realsound.jp/2014/12/post-2004.html 2014年12月13日閲覧。 
  70. ^ “乃木坂46・生駒里奈、バナナマンに催促「居酒屋に連れてって!」”. T-SITE (TSUTAYA). (2016年1月8日). http://top.tsite.jp/entertainment/idol/i/27199600/ 2016年1月8日閲覧。 
  71. ^ 伊藤万理華; 井上小百合; 中元日芽香 (2016年1月4日). 乃木坂46仲良し「温泉トリオ」は本当に仲がいいのか?. (インタビュー). http://news.dwango.jp/2016/01/04/70181/idol/ 2016年1月4日閲覧。 
  72. ^ 犬飼華、斉藤貴志、六輪優「乃木坂46 ウワサの真相スペシャル2015」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、西中賢治、集英社、2015年9月17日、増刊号、43頁。ASIN B01518F35W
  73. ^ “乃木坂46伊藤寧々が卒業 母の手紙に涙”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20141019-1384381.html 2014年10月19日閲覧。 
  74. ^ 伊藤万理華 (2011年11月30日). “13回目*marika”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月30日閲覧。
  75. ^ 「乃木坂46 メンバーアンケート 全メンバーに聞く「乃木坂46の好きなクリエイション」CDジャケット/映像作品/衣装/振付け」『MdN』vol.252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、78頁。ASIN B00TSOFB2G
  76. ^ 「乃木坂46楽曲MV総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、筒井優太、集英社、2016年11月24日、90頁。ASIN B01M67T85Q
  77. ^ 【タイトル&商品概要決定!!】乃木坂46アンダーアルバム!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年12月7日). 2017年12月7日閲覧。
  78. ^ キャスト・スタッフ”. BAD BOYS J. 日本テレビ (2013年4月5日). 2021年4月30日閲覧。
  79. ^ 生田絵梨花、伊藤万理華、桜井玲香がフジテレビ系ドラマ「海の上の診療所」にゲスト出演!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2013年10月13日). 2013年10月13日閲覧。
  80. ^ “元乃木坂46伊藤万理華主演ドラマ『ガールはフレンド』主題歌はCHAI”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年11月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2124251/full/ 2019年10月3日閲覧。 
  81. ^ “松村沙友理がドラマ「賭ケグルイ」2期に出演、裏の顔持つカリスマアイドル役”. ナタリー (ナターシャ). (2018年8月17日). https://natalie.mu/eiga/news/295700 2021年9月7日閲覧。 
  82. ^ “元乃木坂伊藤万理華ドラマ「潤一」出演、仏にも出品”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903140000030.html 2019年4月15日閲覧。 
  83. ^ “モトーラ世理奈、ユーミンの「青春のリグレット」をカバー”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年11月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2177831/full/ 2020年11月29日閲覧。 
  84. ^ “ドラマ「夢中さ、きみに。」松屋めぐみ役に福本莉子、目高優一役を坂東龍汰”. コミックナタリー. (2020年12月16日). https://natalie.mu/comic/news/409031 2021年6月18日閲覧。 
  85. ^ “伊藤万理華:中村ゆりか主演「エージェントファミリー」に出演 キーパーソンの女子高生役”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2021年1月28日). https://mantan-web.jp/article/20210127dog00m200049000c.html 2021年1月28日閲覧。 
  86. ^ “伊藤万理華“地上波連ドラ初主演”が決定「ドキドキしています」”. さんデジ (山陽新聞社). (2021年6月10日). https://www.sanyonews.jp/article/1139654 2021年6月10日閲覧。 
  87. ^ a b ドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』伊藤万理華のウラ事情を描いた特別編がHulu独占配信 | ENTAME next - アイドル情報総合ニュースサイト” (日本語). entamenext.com. 2021年9月4日閲覧。
  88. ^ “どの万理華が好み?伊藤万理華が4役挑戦のドラマ語る「限界突破でつくりあげました」”. 映画ナタリー. (2019年3月14日). https://natalie.mu/eiga/news/402347 2021年6月18日閲覧。 
  89. ^ “伊藤万理華、BBQ&焚き火で青春の1ページを彩る特番6・29放送”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年6月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2197695/full/ 2021年6月22日閲覧。 
  90. ^ 伊藤万理華 (2013年4月30日). 乃木坂46「BAD BOYS J」特集 (3/4). インタビュアー:西廣智一. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/bbjnogizaka/page/3 2021年4月30日閲覧。 
  91. ^ “乃木坂46メンバー初主演映画決定 「リング」「仄暗い水の底から」に続くホラー作品に挑む”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月10日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1472881 2015年3月10日閲覧。 
  92. ^ “オムニバス映画『アニバーサリー』に伊藤万理華、青木崇高、玉井詩織ら”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2016年10月18日). https://www.cinra.net/news/20161018-anniversary 2021年9月19日閲覧。 
  93. ^ “乃木坂46・伊藤万理華「傷だらけの悪魔」に主人公の親友役で出演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年1月23日). http://natalie.mu/eiga/news/217865 2017年1月23日閲覧。 
  94. ^ “乃木坂46「あさひなぐ」映画版キャストが舞台版会場に登場、14人でなぎなた披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年5月30日). https://natalie.mu/music/news/234758 2021年4月30日閲覧。 
  95. ^ “『映画 賭ケグルイ』元・乃木坂の伊藤万理華ら4人が新規参戦「修行に行く気持ちで挑みました」”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年2月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2129051/full/ 2019年2月7日閲覧。 
  96. ^ “伊藤万理華、男の子役に初挑戦 短編映画「息をするように」主演決定 本編映像も公開”. modelpress (株式会社ネットネイティブ). (2021年8月4日). https://mdpr.jp/cinema/detail/2704179 2021年9月14日閲覧。 
  97. ^ “伊藤万理華が主演、枝優花の短編「息をするように」9月公開”. 株式会社ナターシャ. (2021年8月4日). https://natalie.mu/eiga/news/439432 2021年9月14日閲覧。 
  98. ^ 舞台 『じょしらく』モバイル会員最速先行受付スタート!”. 乃木坂46オフィシャルサイト (2015年4月12日). 2021年4月30日閲覧。
  99. ^ “乃木坂46舞台「じょしらく」出演15人決定! 主役は高山、万理華、中元”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年3月29日). https://natalie.mu/music/news/142383 2021年4月30日閲覧。 
  100. ^ “乃木坂46生駒里奈ら、ナイロン100℃の名作舞台リメイクに挑戦”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年9月14日). https://natalie.mu/music/news/159973 2021年4月30日閲覧。 
    乃木坂46松村沙友理&桜井玲香が初ラブシーン挑戦”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年10月1日). 2021年4月30日閲覧。
  101. ^ 西廣智一 (2016年11月8日). “乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.61 舞台『墓場、女子高生』囲み会見&ゲネプロレポート”. 楽天ブックス. 楽天. 2021年4月30日閲覧。
  102. ^ “東野圭吾「仮面山荘殺人事件」成井豊の演出で舞台化、出演に平野綾ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年6月10日). https://natalie.mu/stage/news/334922 2019年10月3日閲覧。 
  103. ^ “伊藤万理華、表現豊かに歌声を披露 舞台脚本に「号泣してしまいました」”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年12月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2150915/full/ 2019年12月17日閲覧。 
  104. ^ “さらば森田、朗読劇で伊藤万理華と夫婦役「すごく新鮮な気持ち」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年9月18日). https://natalie.mu/owarai/news/396904 2020年9月19日閲覧。 
  105. ^ “大森靖子、根本宗子の新作舞台「もっとも大いなる愛へ」主題歌担当”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年9月22日). https://natalie.mu/music/news/397428 2020年9月26日閲覧。 
  106. ^ “女子高生2人が開けた“ドア”の先には…倉持裕の新作に奈緒・伊藤万理華・早霧せいな”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年2月10日). https://natalie.mu/stage/news/415739 2021年6月2日閲覧。 
  107. ^ “『GRAVITY DAZE2』の実写CM映像作品が“ニューヨークフェスティバル2017”の2部門でグランプリを受賞!”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2017年5月22日). https://www.famitsu.com/news/201705/22133565.html 2021年6月22日閲覧。 
  108. ^ “伊藤万理華、『PSO2 ニュージェネシス』1夜限りのTVCMに出演”. RealSound (blueprint). (2021年6月7日). https://realsound.jp/2021/06/post-787107.html 2021年6月22日閲覧。 
  109. ^ ウンナナクール、シーズンビジュアルモデルに元乃木坂46伊藤万理華を起用”. FASHIONSNAP.COM (2018年2月20日). 2021年6月22日閲覧。
  110. ^ “MOOSIC LAB 2018イメージモデルは伊藤万理華、過去受賞作などの上映も実施”. 映画ナタリー. (2018年9月1日). https://natalie.mu/eiga/news/297878 2018年11月28日閲覧。 
  111. ^ “KANA-BOON 新体制の最新曲MVで古舘佑太郎×伊藤万理華が共演”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年3月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2156735/full/ 2020年4月8日閲覧。 
  112. ^ “【動画】伊勢丹が宇宙に出店? 乃木坂46伊藤万理華と堀未央奈が案内人を務める「ISETAN 宇宙支店」がオープン”. Fashionsnap.com (レコオーランド). (2015年12月23日). http://www.fashionsnap.com/news/2015-12-23/46isetan/ 2016年1月3日閲覧。 
  113. ^ “白石麻衣・西野七瀬・齋藤飛鳥…乃木坂46、過去最多9人がモデルでランウェイ「GirlsAward 2016 A/W」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1599792 2016年7月21日閲覧。 
  114. ^ 伊藤万理華 (2017年10月21日). “手紙。785回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年10月21日閲覧。[リンク切れ]
  115. ^ アートギャラリー”. KYOTO NIPPON FESTIVAL (2017年). 2018年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。
  116. ^ “元乃木坂46伊藤万理華、伝説の個展再び開催決定<伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年12月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1907135 2020年1月24日閲覧。 
  117. ^ “<元乃木坂46伊藤万理華インタビュー>「人と話す機会を閉ざしていた時期があった」踏み切れたきっかけ・2度目個展に込めた思い”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年1月18日). https://mdpr.jp/interview/detail/1938704 2020年1月24日閲覧。 
  118. ^ 伊藤万理華」『季刊 乃木坂』vol.3 涼秋、東京ニュース通信社、2014年8月11日、34-43頁。ISBN 978-4-86336-426-4
    【B.L.T.】9月4日発売「季刊 乃木坂 vol.3」伊藤万理華さんメイキング動画 - YouTube.東京ニュース通信社チャンネル。
  119. ^ 伊藤万理華『エトランゼ』大江麻貴、集英社、2018年2月20日。ISBN 978-4-79767-351-7
  120. ^ 「万理華の脳内」『CUTiE』2015年4月号、宝島社、2015年3月12日、90-91頁。ASIN B00T3C693I
    「CUTiE休刊のお知らせ」『CUTiE』2015年9月号、宝島社、2015年8月11日、138頁。ASIN B010TMI2FI
  121. ^ 「MARIKA MEETS CREATORS」『月刊MdN』2015年7月号、MdN編集部、エムディエヌコーポレーション、2015年6月5日、vol.255、130頁。ASIN B00VLOFOLY
  122. ^ 【雑誌】「装苑」にて、手描きのコラム「伊藤万理華のときめき録」を連載中”. 伊藤万理華オフィシャルサイト. 乃木坂46LLC (2018年12月23日). 2020年9月19日閲覧。
  123. ^ 伊藤万理華がパソコン音楽クラブに聞く、表現に対する思い 新連載『Marika’s Labo』スタート”. リアルサウンド. blueprint (2020年9月10日). 2021年7月14日閲覧。
  124. ^ “乃木坂46伊藤万理華、WEB小説の表紙イラスト描き下ろし”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月14日). http://natalie.mu/music/news/114416 2014年4月14日閲覧。 
  125. ^ a b 熊坂出 (2014年). “熊坂出:小説”. IZURU KUMASAKA. IZURU KUMASAKA. 2015年1月22日閲覧。

外部リンク