メインメニューを開く

頸南バス株式会社(けいなんバス、KEINAN BUS )は、新潟県妙高市に本社を置く、頸城自動車系列のバス事業者である。

頸南バス株式会社
KEINAN BUS
観光貸切車両:列車代行バス運用(柏崎駅にて)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
944-0044
新潟県妙高市栄町3-3
設立 1992年平成4年)8月10日
業種 陸運業
法人番号 5110001020238
事業内容 乗合バス・貸切バス・運行受託・旅行事業
代表者 代表取締役社長 山田 知治
資本金 6,000万円
従業員数 35名
主要株主 頸城自動車 100%
外部リンク http://keinanbus.com/
テンプレートを表示

頸城自動車から新井営業所を分離させて設立し、上越市板倉区清里区妙高市妙高地区において廃止代替バス(貸切免許)を運営している。また、妙高市からの委託を受けて「妙高市営バス」の一部路線の運行も行っている。

拠点編集

 
新井バスターミナル
  • 本社営業所
新潟県妙高市栄町3-3
  • 妙高車庫
新潟県妙高市田口字南303-1
  • 整備工場
新潟県妙高市工団町3-13

沿革編集

  • 1992年(平成4年)10月1日 - 頸城自動車より新井営業所を分離し、頸南バス株式会社を設立。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - アルピコ交通川中島バス)旧妙高営業所管内の路線を引き継ぐ。

運行路線[いつ?]編集

廃止代替バス路線編集

上越市板倉区・清里区方面編集

新井バスターミナルから上越市板倉区・清里区方面へ行く路線バスは、2010年(平成22年)9月1日に大幅な改正があり、利用の際は以下の点に注意が必要である[1][2]

  • 日中の便は、板倉コミュニティプラザバス停 - 各線の起終点バス停の間はデマンド便区間(予約制)となるため、この区間内の乗車には事前に頸南バスへ電話予約が必要。
  • 一部の便は板倉コミュニティプラザにて乗換が必要。
  • 元日は全路線の全便が運休する。
菰立線
上関田線
  • (けいなん総合病院) - 新井バスターミナル - 板倉コミュニティプラザ - 曽根田 - 達野 - 上関田
山寺薬師線
  • (けいなん総合病院) - 新井バスターミナル - 板倉コミュニティプラザ - 山部 - 釜塚 - 山寺薬師
冬期間は、積雪状況により猿供養寺バス停にて折り返し運行する場合がある。
清里線
  • (けいなん総合病院) - 新井バスターミナル - 板倉コミュニティプラザ - 長嶺 - 下稲塚 - 清里区総合事務所前
土曜・休日と8月15日 - 8月16日、12月29日 - 1月3日は全便運休。

妙高市妙高地区方面編集

妙高地区は以下の2路線を運行している。いずれも2012年(平成24年)10月1日にアルピコ交通旧妙高営業所管内の路線を引き継いだものである[3]

赤倉線
  • 妙高高原駅 - (妙高病院前) - 中学校前 - 田切上 - (小二俣) - (東赤倉) - 新赤倉三叉路 - 赤倉銀座 - (野天風呂前)
  • 妙高高原駅 - 豊橋十字路 - 田切上 - (東赤倉) - 新赤倉三叉路 - 赤倉銀座 - (野天風呂前)
池の平・杉野沢線
  • 妙高高原駅 - 中学校前 - (関川関所前) - いもり池入口 - (杉ノ原スキー場) - 杉野沢上
  • 妙高高原駅 - 妙高高原メッセ前 - (関川関所前) - いもり池入口 - (杉ノ原スキー場) - 杉野沢上

周遊バス編集

妙高山麓周遊バスとして、山麓の観光地と周辺の鉄道駅を結ぶ以下の周遊バス2路線を運行している。なお、2路線の乗り継ぎが可能なダイヤのバスでは、一方のバスに遅れが生じた場合に接続をとって運行する[4][5]

ぶらっと妙高号
主に夏季 - 秋季に毎日2往復運行する。
乗車には1日乗り放題のぶらっと妙高号乗車券の購入が必要[6]
笹ヶ峰直行バス
  • 笹ヶ峰 - 乙見湖 - 京大ヒュッテ - 県民の森入口 - 仙人池 - 五八木 - 早大ヒュッテ - 杉野沢温泉 - 池の平いもり池入口 - 妙高温泉 - 妙高高原駅
主に夏季 - 秋季に毎日3往復運行する。
ぶらっと妙高号とは異なり、各区間ごとに片道運賃が定められている[7]。なお、頸城自動車が土曜・休日に実施している1日フリー乗車券は、当路線では使用不可である[8]

また、上越妙高駅から高田地区を通って直江津港までを結ぶ周遊バスの運行を行っている[9]

ぶらっと春日山・高田号
乗車には1日乗り放題のぶらっと春日山・高田号乗車券の購入が必要[9]
主に冬季以外の土休日に3往復運行する。

運行受託編集

妙高市営バス編集

妙高市からの委託を受け、市営バス路線のうち以下の路線・便の運行を受託している[10]

  • 元日は全路線が運休する。
  • 運賃の支払いは現金のほか、サンシャイン回数券、セット回数券といった頸城自動車グループ全線通用回数券を利用することも可能[11]
  • 頸城自動車が土曜・休日に実施している1日フリー乗車券は、妙高市営バス全路線にて使用不可である[8]
矢代線

道の駅まわり

  • 新井バスターミナル → 白山町3丁目 → 錦町 → 道の駅 → 矢代小学校 → 錦町 → 新井中学校前 → けいなん総合病院 → 新井バスターミナル

志まわり

  • 新井バスターミナル → けいなん総合病院 → 新井中学校前 → 錦町 → 矢代小学校 → 道の駅 → 錦町 → 白山町3丁目 → (けいなん総合病院) → 新井バスターミナル
いずれもスクールバス扱いで運行。土曜・休日と8月15日 - 8月16日、12月31日 - 1月3日は全便運休。
当路線の受託運行は、2013年(平成25年)10月1日からスクールバス便のみとなった[12]
広島線
  • 新井バスターミナル → (新井中学校前 → けいなん総合病院) → 石塚町 → 広島 → 高柳団地下 → (新井中学校前) → けいなん総合病院 → 新井バスターミナル
  • 新井バスターミナル → 新井中学校前 → けいなん総合病院 → 朝日町ショッピングプラザ前 → 高柳団地下 → ほっとランド → 広島 → 石塚町 → 新井バスターミナル
いずれもスクールバス扱いで運行。土曜・休日と12月31日 - 1月3日、中学校の春・夏・冬休みの間は全便運休。
当路線の受託運行は、2013年(平成25年)10月1日からスクールバス便のみとなった[12]
原通線
  • 新井バスターミナル - けいなん総合病院 - 上堀之内 - 克雪管理センター前 - 大原 - 岡十字路 - 大鹿
土曜・休日と12月31日 - 1月3日は全便運休。
平丸線
  • 新井バスターミナル - けいなん総合病院 - 上堀之内 - 新井南小学校前 - 猿橋 - 平丸入口 - 上平丸
上小沢線
  • 新井バスターミナル - けいなん総合病院 - 小濁入口 - 泉農協前 - 泉局前 - 上小沢
  • 新井バスターミナル - (新井中学校前) - けいなん総合病院 - (川上) - 新井南小学校前 - 泉農協前 - 泉局前 - 上小沢

スクールバス路線編集

いずれもスクールバス扱いであるが、一般の利用客も乗降可能である[10]

斐太・和田スクールバス
  • 南葉町 → 斐太北保育園 → 大曲 → 石塚町 → 新井中学校前 → けいなん総合病院 → 朝日町ショッピングプラザ前 → 新井駅 → 新井バスターミナル
土曜・休日と8月15日 - 8月16日、12月31日 - 1月3日、中学校の春・夏・冬休みの間は運休。
長沢スクールバス
  • 新井バスターミナル - 新井中学校前 - けいなん総合病院 - 川上 - 上堀之内 - 新井南小学校前 - 猿橋 - 長沢
長沢行は土曜・休日と8月15日 - 8月16日、12月31日 - 1月3日、中学校の春・夏・冬休みの間は運休。
新井バスターミナル行は休日と8月15日 - 8月16日、12月31日 - 1月3日は運休。

休廃止路線・バス停編集

黒姫コスモス号
  • 妙高高原駅 - 妙高温泉 - 杉野沢温泉 - 黒姫三叉路 - 黒姫高原 - 黒姫三叉路 - 道の駅しなの
  • 苗名滝 - 妙高温泉 - 杉野沢温泉 - 黒姫三叉路 - 黒姫高原 - 黒姫三叉路 - 道の駅しなの

運賃

1日乗り放題 大人500円 小児300円 幼児無料

運行期間及び本数

平成22年8月20日 - 平成22年9月30日の間運行
妙高高原駅発着便は毎日1往復、苗名滝発着便は毎日3往復それぞれ運行
秋の妙高・黒姫号
  • 苗名滝 - 妙高温泉 - 杉野沢温泉 - 黒姫三叉路 - 黒姫高原

運賃

1日乗り放題 大人500円 小児300円 幼児無料

運行期間及び本数

平成22年10月1日 - 平成22年11月3日の間、毎日2往復運行
岡沢線

運行本数

平日:上下5本 土休日:全便運休
冬期間は、妙高ハイツ前バス停、川倉バス停を経由せず、国道18号線へ迂回運行。
  • 新井バスターミナル - けいなん総合病院 - 二本木駅入口 - 岡沢
2012年(平成24年)10月15日から上越市乗合タクシーによる運行となった[13]
関山線(小野沢線)
運行本数
平日:上下4本 土休日:全便運休
冬期間は、積雪状況により文京村バス停 - 横町南バス停を経由せず、国道18号線へ迂回運行することがある。
  • 新井バスターミナル - けいなん総合病院 - 姫川原学校前 - 新二本木 - 松ヶ峰温泉入口 - 関山神社前 - 小野沢
2012年(平成24年)10月15日から上越市乗合タクシーによる運行となった[13]
関・燕温泉線
  • 関山駅 - 坂口新田 - 小野沢 - 大洞原 - 自然の家前 - 自然の家入口 - 関温泉 - 燕温泉
  • 関山駅 - 坂口新田 - 温泉入口 - 清水坂 - 自然の家前 - 自然の家入口 - 関温泉 - 燕温泉
2013年(平成25年)10月1日から妙高市営バスによる運行となった[12]
水上スクールバス
  • 新井バスターミナル → 上米沢 → 北条上 → 吉木中 → 諏訪町 → 新井中学校前 → けいなん総合病院 → 新井バスターミナル
  • 新井バスターミナル → けいなん総合病院 → 新井中学校前 → 東雲町 → 諏訪町 → 吉木中 → 北条上 → 上米沢
2013年(平成25年)10月1日から一般利用客の乗降が不可となった[12]
斐太スクールバス
  • 新井バスターミナル → 雪森 → 斐太農協前 → 新井中学校前 → けいなん総合病院 → 朝日町ショッピングプラザ前 → 新井バスターミナル
  • 新井バスターミナル → けいなん総合病院 → 斐太農協前 → 雪森 → けいなん総合病院 → 朝日町ショッピングプラザ前 → 新井バスターミナル
2013年(平成25年)10月1日から一般利用客の乗降が不可となった[12]
西野谷線(現在の矢代線)

新井リゾートバス停(廃止日不明)

山寺薬師線

機織バス停(平成22年8月31日をもって廃止・路線改定のため)

久々野線

久々野バス停(平成22年8月31日をもって廃止・路線改定のため)

車両編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 「板倉区 デマンドバス実証運行」実施中!(上越市ホームページ 新幹線・交通政策課のページ) (PDF)
  2. ^ 9月1日より板倉方面3線と清里線の運行が大幅に変わります”. 頸南バス (2010年8月19日). 2011年2月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月15日閲覧。
  3. ^ 妙高高原地区の路線バスは頸南バスに移管されました”. アルピコ交通. 2015年9月15日閲覧。
  4. ^ 周遊バス「ぶらっと妙高号」”. 妙高市観光協会. 2015年9月15日閲覧。
  5. ^ 笹ヶ峰直行バス(妙高高原駅 - 笹ヶ峰)”. 妙高市観光協会. 2015年9月15日閲覧。
  6. ^ 妙高山麓周遊バス、ぶらっと妙高号と笹ヶ峰直行バスを運行しています”. 頸南バス (2015年6月23日). 2015年9月15日閲覧。
  7. ^ 頸南バス管内運賃表 (PDF)”. 頸南バス. 2015年9月15日閲覧。
  8. ^ a b 土曜・日曜・祝日限定のお得な情報 (PDF)”. 頸城自動車 (2015年3月14日). 2015年9月15日閲覧。
  9. ^ a b 2015年 ぶらっと春日山、高田号運行中!”. 頸南バス (2014年8月15日). 2015年9月15日閲覧。
  10. ^ a b 妙高市内バス時刻表(平成27年3月14日改正) (PDF)”. 妙高市. 2015年9月15日閲覧。
  11. ^ ○妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例”. 妙高市. 2015年9月15日閲覧。
  12. ^ a b c d e 頸南バス株式会社”. 頸南バス. 2015年9月15日閲覧。
  13. ^ a b 乗合タクシーの試験運行を開始”. 上越タイムス社 (2012年10月16日). 2015年9月15日閲覧。
  14. ^ 車輌と座席のご案内”. 頸南バス. 2015年9月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集