飯倉照平

日本の中国文学者

飯倉 照平(いいくら しょうへい、1934年3月28日 - 2019年7月24日[1])は、中国文学者旧・東京都立大学名誉教授。南方熊楠研究で著名。

人物・来歴編集

千葉県生まれ。東京都立大学中国文学科卒業。出版社勤務を経て、神戸大学文学部講師、東京都立大助教授・教授、1998年定年退官。『南方熊楠全集』、『同選集』(平凡社)の校訂、中国民話の会世話人、南方熊楠邸保存顕彰会で資料整理・刊行に当たった。2004年に南方熊楠賞特別賞受賞。叙従四位瑞宝小綬章追贈[2]

著書編集

編著編集

翻訳編集

  • 山東民話集』鈴木健之共編訳、平凡社東洋文庫 1975
  • 『魯迅全集17・18・19 日記』訳者代表、学研 1986
  • 『中国民話集』 岩波文庫 1993
  • 『南方熊楠英文論考 [ネイチャー]誌篇』監修、集英社 2005
  • 『南方熊楠英文論考 [ノーツ アンド クエリーズ]誌篇』監修、集英社 2014

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 悼 飯倉照平先生が逝去されました。
  2. ^ 『官報』83号、平成元年9月2日