メインメニューを開く

飯田 有抄(いいだ ありさ、1974年[1] - )は、日本クラシック音楽ファシリテーター[2]音楽ライター翻訳家・ラジオパーソナリティトイピアノ奏者などとして活動する。

目次

人物・来歴等編集

北海道小樽市生まれ。東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。東京芸術大学音楽研究センター助手[3]を経て、マッコーリー大学通訳翻訳修士課程修了[1][4]

活動編集

音楽ライターとして、雑誌「ムジカノーヴァ」「CDジャーナル」「ぶらあぼ」などにインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなども手がける[1]

翻訳家としては、楽譜の作曲者による解説の英語訳やCDのライナーノーツの日本語訳を行う[1]

ブルクミュラー探求ユニット「ぶるぐ協会」広報としても活動する[5]

鍵盤楽器奏者・菅谷詩織とのユニット「一番町小町」では主にトイピアノを担当。

「音楽を愛する人のプレゼンテーション会」(音プレ)実行委員会の代表をつとめている[6]

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでは、「公式レポーター」の一員として演奏会の様子や会場のあれこれを取材して発信した。2016年には公式ブログ[7]の、2017年には公式Facebook[8]の「隊長」をつとめた。

その他、音楽イベントでの司会やプレトーク、教育イベントやワークショップのファシリテーター、セミナー講師、アドヴァイザーとして活動する[9]

著書編集

連載編集

  • 『飯田有抄さんと音楽つながり。』(2017年7月 - 、Webマガジン『オントモ・ヴィレッジ』(現・『ONTOMO』)) - 2018年4月、サイトリニューアルにより『飯田有抄の音楽でつながる仕事人たち。』と改題[10][11]
  • 『クラシックの“深海”』(2018年12月 - 、季刊誌『analog』(音元出版))[12]

ラジオ編集

  • NHK-FM放送 あなたの知らない作曲家たち(日本放送協会、2014年8月14日[13]) - ゲスト出演
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA Domenica[14](OTTAVA株式会社、2015年2月15日) - ゲスト出演、ナントのラ・フォル・ジュルネの報告をした
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015 SPECIAL(OTTAVA株式会社、2015年5月3日[15]・5月4日[16]) - ゲスト出演、「公式レポートブログ隊」の一員として見どころを紹介した
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA Salone(OTTAVA株式会社、2016年1月 - ) - 木・金曜日(2016年1月 - 2017年3月)、木曜日(2017年4月 - )プレゼンター
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016 Special 総集編[17](OTTAVA株式会社、2016年5月29日) - プレゼンター
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA PrimeSeat Salon[18](OTTAVA株式会社、2016年6月 - 2017年3月) - ゲスト・プレゼンター[19]
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA Navi[20](OTTAVA株式会社、2017年3月4日[21]・6月10日) - プレゼンター。3月4日は小室敬幸[22]と、6月10日は長井進之介[23]とともに斎藤茂の代演
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA Mall[24](OTTAVA株式会社、2017年5月 - ) - プレゼンター
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 Special 総集編[25](OTTAVA株式会社、2017年6月3日) - プレゼンター
  • ミュージックバード music book café(株式会社ミュージックバード、2018年1月10日[26][27]) - ゲスト出演
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA 「濃厚、濃密!ロシア音楽の世界」クラウドファンディングお礼の特別番組[28](OTTAVA株式会社、2018年4月15日) - プレゼンター

テレビ編集

トイピアノ奏者としての活動編集

トイピアニストとして須藤英子(ピアニスト)や駒久美子(音楽教育学者)とユニット「トイピアネット」を結成し、演奏活動を行っている[31][32]

『OTTAVA Salone』でも、スタジオにトイピアノを持ちこむ。オンエア中に実際に音を出してみせながら調和音などの解説を行うほか、リスナーのリクエストに応じて楽曲を演奏する。

  • 初代:フラ男くん[33](2016年1月21日 - 3月31日) - 飯田のコレクションの中では小型であったため選ばれたが、鍵盤数が少なく弾ける曲が限られた。
  • 2代目:マリアさん[34](2016年3月31日 - 9月15日) - 「フラ男くん」より鍵盤数が多い。2016年7月14日にゲスト出演した平井千絵[35]が演奏した。
  • 3代目:ユカリちゃん[36][37](2016年9月15日 -) - OTTAVAのクリスマス・コンサート(後述)にも出演した。飯田のほか、番組内では本田聖嗣(『PrimeSeat/OTTAVA Salone』2017年1月5日の延長放送)や小室敬幸[22](『OTTAVA Navi』2017年4月15日[38])が演奏している。
  • 代演:KAWAIのトイピアノ(呼び名は不明[39]、2016年12月9日) - 「ユカリちゃん」がOTTAVAのクリスマスコンサートの準備のために一時帰宅したため、代わりに出演した。
  • ゲスト出演:きらきらすずこさん[40](2017年7月13日、2017年12月28日、2018年4月12日) - KAWAIのトイピアノ。上記と同一のものかどうかは不明。名無しであったが、7月13日の番組内で名前を募集し、命名された。

『OTTAVA Salone』の菅谷詩織[41](鍵盤ハーモニカ)の出演回には、菅谷が作曲・編曲した楽曲を合奏する。好評なため、二人でユニット「一番町小町(いちばんちょうこまち)」を結成。2016年12月13日の「Buon Natale! OTTAVAクリスマス・コンサート2016」でユニット名を発表、お披露目演奏を行った。2017年9月28日の「小町と子分のUNISON CONCERT vol.1」や2017年10月19日の「森トラスト・ランチタイムコンサート 第311回」では、「一番町子分」(いちばんちょうこぶん、長井進之介小室敬幸のユニット)と共演した。

その他編集

  • 趣味は情報を収集すること、猫と昼寝すること、ピアノ小品を愛すること、着物選び、三味線端唄(松永流端唄師範として「松永花有」の名を許される)[1]
  • ロシア音楽を愛好する。『OTTAVA Salone』では、主にニコニコ動画の延長放送枠(飯田の担当回では「放課後」と呼ばれる)にミャスコフスキーをはじめとするロシアの作曲家の楽曲を紹介した。また、2017年11月23日から12月28日まで、コンピレーション・アルバム『OTTAVA Selection vol.9 濃厚、濃密!ロシア音楽の世界~Denseness of Russian Soul』制作のためのクラウドファンディングの募集が行われた。CDが制作可能な60万円を12月19日に達成。最終的には、のべ409人から86万1600円が寄せられ[42]、2018年3月にリリース。リターン(応援のお礼)の一つとして、飯田によるロシアの作曲家イラスト集が用意された。
  • 『デジタル毎日』(毎日新聞社)内『クラシックナビ』の連載「OTTAVAの顔たち」で、「リスナーの心のお散歩の同伴者」として紹介された[3]
  • 2016年12月30日の『PrimeSeat/OTTAVA Salone』では、延長放送枠で三味線端唄「春風が」「三下がりさわぎ」を演奏した。
  • 2017年1月7日付東京新聞夕刊「ペット大好き」欄で、愛「まーくん」「ミネ子」、愛「わっち」とともに紹介された[43]
  • 2018年1月4日の『OTTAVA Salone』では、延長放送枠で三味線端唄「梅は咲いたか」「玉川」「相撲甚句」「深川くずし」「ストトン節」「三下がりさわぎ」を演奏した。
  • 2019年1月3日の『OTTAVA Salone』では、三味線端唄「夜桜や」「せつほんかいな」を演奏した。

脚注編集

  1. ^ a b c d e ブログ「生活之音楽ピース社」”. 2016年2月29日閲覧。
  2. ^ Facebookへの投稿(2018年1月15日)”. 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ a b OTTAVAの顔たち:何を知っているかよりも、何を感じるか 飯田有抄さん(『デジタル毎日』2016年9月10日)”. 2016年9月11日閲覧。
  4. ^ 飯田 有抄/Arisa Iida(「ピティナ・ピアノ曲事典」音源提供ピアニストプロフィール)”. 2016年2月29日閲覧。
  5. ^ a b ブルクミュラー25の不思議(音楽之友社)”. 2016年2月29日閲覧。
  6. ^ 音楽を愛する人のプレゼンテーション会 公式サイト”. 2016年3月20日閲覧。
  7. ^ Vol.5「公式ブログ隊LIVE!」ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの会場から「1日4時間 合計12時間」生放送を行いたい! - クラウドファンディングのMotionGallery”. 2016年3月28日閲覧。
  8. ^ Facebookへの投稿(2017年5月3日)”. 2017年5月3日閲覧。
  9. ^ プロフィール・活動(公式サイト)”. 2018年1月15日閲覧。
  10. ^ 飯田有抄の音楽でつながる仕事人たち。(ONTOMO)”. 2018年4月2日閲覧。
  11. ^ Facebookへの投稿(2017年7月15日)”. 2017年7月15日閲覧。
  12. ^ Facebookへの投稿(2018年12月17日)”. 2018年12月17日閲覧。
  13. ^ 8月14日・NHK-FM「あなたの知らない作曲家たち」で音源放送(Takashi Sato, pianist - 佐藤卓史 公式ウェブサイト)”. 2018年1月15日閲覧。
  14. ^ 2014年10月 - 2015年9月に放送された、高野麻衣林田直樹、2人のプレゼンターのかけあいを基調にした録音番組。主な内容は、クラシック音楽の最新情報や音楽家のインタビュー、プレゼンターおすすめの本の紹介など。OTTAVA Domenica on demand(公式サイト)”. 2016年2月29日閲覧。
  15. ^ Classic High!『OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015 SPECIAL』5月3日(ニコニコ動画OTTAVAチャンネル)”. 2016年3月20日閲覧。
  16. ^ Classic High!『OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015 SPECIAL』5月4日(ニコニコ動画OTTAVAチャンネル)”. 2016年3月20日閲覧。
  17. ^ OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016 Special 総集編(ottava japan 公式YouTubeチャンネル)”. 2016年11月13日閲覧。
  18. ^ この番組のために都内のサロンで開催されたスペシャルライヴをダイレクトレコーディングによって完全収録した録音番組。PrimeSeatとの共同制作。新番組 PrimeSeat Salon(OTTAVA公式サイト)”. 2016年1月11日閲覧。
  19. ^ 2016年6月12日と19日(いずれも本放送日、演奏者:ルイス=フェルナンド・ペレス)、9月18日と25日(同、演奏者:おんがくしつトリオ)、10月30日と11月6日(同、演奏者:宮谷理香)に斎藤茂とともに出演。
  20. ^ 毎日新聞社『デジタル毎日』内『クラシックナビ』との協業により、「季節感やその日感覚を大切としつつ、国内外のクラシック・シーンの最新情報を、総力を挙げてお届けする」クラシック情報ワイド番組。2017年3月4日時点での正式な番組名は『PrimeSeat/OTTAVA Navi』であった。OTTAVA Navi(OTTAVA公式サイト)”. 2016年10月1日閲覧。
  21. ^ 3/4(土)PrimeSeat / OTTAVA Navi プレゼンター変更のお知らせ(OTTAVA公式サイト)”. 2017年2月28日閲覧。
  22. ^ a b フリーランスの音楽家。東京音楽大学で作曲を、同大学院では音楽学(研究テーマはマイルス・デイヴィス)を専攻。大学院修了後は作曲家音楽学者のどちらになるでもなく、和洋女子大学で非常勤講師、東京音楽大学 ACT Projectのアドバイザー/情報科目のTA、一般社団法人Music Dialogueの事務局を務めるほか、演奏会の制作、音楽理論のレッスン、レクチャー講師、音楽ライターなど、クラシック音楽に関わる仕事を幅広く手がける。長井進之介とのユニット「一番町子分(いちばんちょうこぶん)」では作曲・編曲・シンセサイザーの演奏などを担当する。
  23. ^ ピアニスト、音楽ライター。国立音楽大学博士後期課程音楽学領域に在学中。アンサンブルを中心とした演奏活動を行うと同時に、音楽ライターとしても活動。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞を史上最年少で受賞。2016年5月、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの公式ブログ隊隊員としてOTTAVAの特別番組に出演した経験がある。小室敬幸とユニット「一番町子分(いちばんちょうこぶん)」を組む。
  24. ^ 音楽やライフスタイルについての情報を雑誌感覚で紹介する録音番組。無料で24時間視聴可能。YouTubeで配信される。
  25. ^ OTTAVAラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017Special総集編公開(OTTAVA公式サイト)”. 2017年11月26日閲覧。
  26. ^ 番組公式ブログ(2018年1月4日)”. 2018年1月15日閲覧。
  27. ^ ミュージックブックカフェ 第41回(2018年1月10日)”. 2018年1月15日閲覧。
  28. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントの投稿(2018年4月15日)”. 2018年4月17日閲覧。
  29. ^ ベールを脱ぐ 練習曲の神~ブルクミュラーの「25の練習曲」~(番組公式サイト)”. 2016年10月8日閲覧。
  30. ^ Facebookへの投稿(2016年9月24日)”. 2016年10月8日閲覧。
  31. ^ Facebook「トイピアネット」”. 2016年2月29日閲覧。
  32. ^ パウゼ:新しくて懐かしい 「トイピアノ」コンサート(毎日新聞、2015年12月17日)”. 2016年3月7日閲覧。
  33. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントでの投稿(2016年1月22日)”. 2017年4月15日閲覧。
  34. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントでの投稿(2016年3月31日)”. 2016年3月31日閲覧。
  35. ^ 平井千絵さん、トイピアノのリハーサル 飯田有抄さんとOTTAVAスタジオにて(林田直樹によるYouTube投稿、2016年7月14日)”. 2017年4月15日閲覧。
  36. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントでの投稿(2016年9月23日)”. 2016年9月30日閲覧。
  37. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントでの投稿(2016年11月11日)”. 2016年11月11日閲覧。
  38. ^ 小室によるTwitter投稿(2017年4月14日)”. 2017年4月15日閲覧。
  39. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントでの投稿(2016年12月9日)”. 2016年12月10日閲覧。
  40. ^ Facebookへの投稿(2017年7月13日)”. 2017年7月15日閲覧。
  41. ^ ピアニスト鍵盤ハーモニカ奏者。クラシックベースな感性であらゆるジャンルにおいて演奏活動をするかたわら、オリジナル楽曲制作や、主にピアノや鍵盤ハーモニカ向けの編曲などを行う。ピアノ指導者のための鍵盤ハーモニカ講座を全国各地で行うほか、内藤晃、中村栄宏(- 2017年9月)、下中拓哉(2017年9月 -)らとともに「おんがくしつトリオ」としても活動するなど、鍵盤ハーモニカの魅力を広く発信している。
  42. ^ 低価格コンピレーションCDを作りたい!第5弾「濃厚、濃密!ロシア音楽の世界」(MotionGallery)”. 2017年11月26日閲覧。
  43. ^ 飯田有抄さんとまーくん、ミネ子、わっち 気持ちが通じる3匹との暮らし(東京新聞 TOKYO Web、2017年1月7日)”. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集