メインメニューを開く

飯田 泰三(いいだ たいぞう、1943年(昭和18年) - )は、日本の政治学者である。専攻は政治思想史日本思想史島根県立大学副学長を務めた。法政大学名誉教授[1]東京大学法学博士[2]

飯田 泰三
(いいだ たいぞう)
人物情報
生誕 1943年
山口県
学問
時代 昭和平成
学派 丸山眞男門下
研究分野 政治思想史日本思想史
研究機関 法政大学法学部
主要な作品批判精神の航跡』(1997年)
戦後精神の光芒』(2006年)
影響を
受けた人物
長谷川如是閑吉野作造・丸山眞男・藤田省三福澤諭吉
学会 日本政治学会
テンプレートを表示

略歴編集

略歴は、みすず書房の著訳者一覧の情報を参照。

  • 1943年(昭和18年) - 山口県生まれ。
  • 1966年(昭和41年)-1971年(昭和46年) - 東京大学大学院丸山眞男を指導教授に学ぶ[3]
  • 1971年(昭和46年) - 東京大学大学院博士課程満期退学。
  • 島根県立大学副学長・法政大学名誉教授。

著作編集

単著編集

  • 批判精神の航跡 近代日本精神史の一稜線筑摩書房、1997年4月10日。ISBN 4-480-86105-X
  • 戦後精神の光芒 丸山眞男と藤田省三を読むためにみすず書房、2006年。ISBN 4-622-07202-5
  • 『大正知識人の思想風景 「自我」と「社会」の発見とそのゆくえ』法政大学出版局 2017

編著編集

監修編集

脚注編集

外部リンク編集