馬淵嘉平

江戸時代後期の土佐藩士、心学者

馬淵 嘉平(まぶち かへい、寛政5年(1793年) - 嘉永4年11月11日1851年12月3日))は、江戸時代後期の土佐藩士、心学者

生涯編集

江戸時代、山内一豊とともに土佐に移り住んだ山内家臣団の子孫として、高知城下で生まれる。壮年期に九州・江戸に出て武術修行をする傍ら、江戸に出府した際に心学を学ぶ。土佐に戻ると城下下片町で道場を開く。天保14年(1843年)、嘉平の意見書が土佐藩14代藩主山内豊熈の目に留まり、50歳で勘定方に抜擢、藩政改革にあたる事となる。

嘉平の改革では、財政緊縮、大阪商業資本の排除、新藩主の専断の要請を目指していた。西洋砲術の採用、藩校及び教授館の機能強化、問屋制一専売制に制限を加える等を掲げた(「高知人名辞典」参照)。藩の財政が逼迫する中で莫大な歳費を使っていた門閥勢力を対象とした倹約令を出し、中士層以下の立場に立つ改革を進めようとした為、山内分家とその家臣達は嘉平とその周辺の人物を「おこぜ組」と呼び反発する。

心学は幕府によって禁学とされていたが、嘉平は土佐に戻ってからも密かに心学を講説しており同志は50名程になっていた。門閥派は心学を口実に「おこぜ組が徒党を組むもの」として糾弾した。様々なレッテルが貼られた中にはキリスト教信者であるという事実無根のものも含まれ城下は大騒ぎになり藩主も放置では済まなくなった。

門閥派は前藩主12代山内豊資におこぜ組の処分を訴え、嘉平は天保14年(1843年)、苗字帯刀を召し上げられた上で投獄された。家や家財は鏡川河畔で焼かれ、書物は没収されたがキリスト教である証拠は一切なかった為、疑獄との通説がある。取調べは陰惨を極めたと伝えられている。嘉永4年(1851年)59歳で獄中にて没する。

なお、嘉平の藩改革理念はその後藩政改革を命じられた吉田東洋に引き継がれていく。おこぜ組に似ている事から、吉田東洋周辺の人間は門閥派から「新おこぜ組」と揶揄された。

嘉平が高知市内に道場を開いた呑的流(どんてきりゅう)の弟子の弟子に板垣退助(いたがきたいすけ)がいる。自由民権運動演説中に刺客に狙われた折(岐阜事件)、呑的流の秘術である臂割(ひじわり)で難を逃れた事が師である本山団蔵に伝わり、呑敵流の免許皆伝を授かる。(板垣退助「我國憲政の由来」参照)。本山団蔵は嘉平の弟子。

系譜・家族編集

馬渕氏は宇多源氏で、祖先の馬渕孫左衛門高政天正13年(1585年近江長浜にて山内一豊に仕え、慶長6年(1601年)に土佐に入国した。嘉平は高政から数えて七代目にあたる。

子の馬渕桃太郎(とうたろう)は、坂本龍馬と同じ千葉道場玄武館で剣術修行をしている。また、桃井道場でも武市瑞山らと共に剣術修行をしていた。嘉永6年(1853年)6月3日、ペリー提督率いる米艦隊が浦賀に来航した折は、坂本龍馬と共に品川警備の任に就く。慶応4年(1868年)2月15日に起こった泉州堺事件では六番歩兵隊長箕浦猪之吉の介錯人を務めた。箕浦とは昵懇であり、前もって箕浦が介錯を頼んでいた(寺石正路著「明治元年土佐藩士泉州堺列挙」参照)。

剣客川崎善三郎鏡新明智流を指南した一人(清水昇「幕末維新剣客列伝」参照)。明治維新後は高知にで撃剣興行一座を率い、大阪での興行には川崎善三郎も共に参加している。

外部リンク編集