メインメニューを開く
鹿児島県馭謨郡の位置

馭謨郡(ごむぐん)は、鹿児島県大隅国)にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の屋久島町にあたる。

歴史編集

古代編集

824年多禰国が大隅国に編入された。同時に益救郡が馭謨郡に編入された。

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
馭謨郡 1座(小)
益救神社 ヤクノ
マスクヒ
益救神社 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦
凡例を表示

近世以降の沿革編集

 
11.上屋久村 12.下屋久村(紫:屋久島町 1 - 3は熊毛郡 上屋久村所属の口之永良部島は省略)
宮之浦村、楠川村、船行村、安房村[1]、麦生村、原村、尾間村、小島村、平内村、湯泊村、中間村、栗生村[2]、永田村、吉田村、一湊村、志戸子村、小瀬田村、口之永良部島村[3]
  • 明治12年(1879年2月17日 - 郡区町村編制法の鹿児島県での施行により、行政区画としての馭謨郡が発足。「鹿児島郡役所」が管轄。
  • 明治18年(1885年
  • 明治19年(1886年11月13日 - 大島島庁種子島出張所の管轄となる。
  • 明治22年(1889年
    • 4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・屋久島町。(2村)
      • 上屋久村 ← 宮之浦村、楠川村、小瀬田村、吉田村、一湊村、志戸子村、永田村、口之永良部島村
      • 下屋久村 ← 安房村、船行村、麦生村、原村、尾間村、小島村、平内村、湯泊村、中間村、栗生村
    • 4月20日 - 熊毛郡役所の管轄となる。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、熊毛郡役所の管轄区域をもって、改めて熊毛郡が発足。同日馭謨郡廃止。

脚注編集

  1. ^ 小村の黒石野村も記載。
  2. ^ 小村の恋泊村・椎野村も記載。
  3. ^ 記載なし。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
熊毛郡