メインメニューを開く

地理編集

流山市の中部に位置する。地域の一部は流山市の新拠点として都市再生機構により「流山都市計画事業新市街地地区一体型特定土地区画整理事業」(つくばエクスプレスタウン流山新市街地地区)が行われている。地域内を首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス東武鉄道野田線が通り、また、地域内に北総病院、江戸川大学がある。

東・北は柏市十余二、西は十太夫美田、南は柏市豊四季と接している。また、柏市高田篠籠田の間に、大堀川に沿う形で細長く伸びている。柏市中心部と柏の葉地区を結ぶ道路の、大堀川に架かる青葉橋は駒木に位置する。この細長い区域は、青葉橋のたもとに飲食店がある以外、ほとんど人家はないが、東端は数軒の住宅地となっている。この住宅地は柏市篠籠田と道路でつながっているが、流山市の他の地域とはつながっていない。

歴史編集

地名の由来編集

由来と考えられている説はいくつかあるが、どれが正確なものであるかははっきりしていない。説は2つ存在する。

  • かつては「古牧」であり、駒木と変化した。
  • 源義家が奥州征討時に当地にある諏訪神社の木に馬(駒)をつないだことから駒木とされた。

沿革編集

  • 1869年明治2年) 葛飾県葛飾郡駒木村となる。
  • 1871年(明治4年) 廃藩置県により印旛県葛飾郡駒木村となる。
  • 1873年(明治6年) 県の統合及び、郡の分割により千葉県東葛飾郡駒木村となる。
  • 1889年(明治22年) 東葛飾郡思井村、芝崎村、前平井村、後平井村、古間木村、長崎村、中村、名都借村、野々下村、前ケ崎村、向小金新田、大畔新田、市野谷村、十太夫新田、駒木新田、青田新田、初石新田と合併し、東葛飾郡八木村大字駒木となる。
  • 1951年昭和26年)4月1日 流山町、新川村と合併し、東葛飾郡江戸川町大字駒木となる。
  • 1952年(昭和27年)1月1日 江戸川町が流山町に改称。東葛飾郡流山町大字駒木となる。
  • 1967年(昭和42年)1月1日 市制施行により、流山市大字駒木となる。

小字編集

駒木には11の小字が存在する。ここでは北から順に列挙する。

  • 西新請(北西部が1971年(昭和46年)に美田に編入)
  • 新請
  • 上駒木(北西部が1971年(昭和46年)に美田に編入)
  • 一番割
  • 二番割
  • 中溜上
  • 堂台
  • 中橋上(西部が昭和期に十太夫に編入)
  • 駒木橋上
  • 大下境
  • 諏訪腰

消滅した小字

  • 大溜上(全域が1971年(昭和46年)に美田に編入)

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
駒木 2,366世帯 5,787人

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁字別・男女別人口(世帯数含む) 【各月1日】”. 流山市 (2017年11月2日). 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月28日閲覧。