高山 忠利(たかやま ただとし、本名:髙山忠利、1955年11月29日[1] - )は、日本医学者消化器外科学)。日本大学医学部教授医学博士1994年に世界初の肝尾状葉単独切除に成功し、「高山術式」を確立した。 東京都北区赤羽出身。

来歴編集

1974年3月、日本大学第二高等学校卒業。1980年3月、日本大学医学部卒業。1984年3月、日本大学大学院医学研究科修了。同年9月、医学博士(日本大学)。

1987年6月、国立がんセンター中央病院外科チーフレジデント。1989年6月、同病院外科医員。1995年4月、同病院外科医長。

同年10月、東京大学医学部第二外科学講座講師。1996年11月、同講座助教授。1997年4月、東京大学大学院医学系研究科肝胆膵移植外科学助教授。

2001年4月、日本大学医学部外科学講座外科3部門教授。2004年4月、同講座消化器外科部門教授。

テレビ出演編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.374

外部リンク編集