メインメニューを開く

高山 紀齋(たかやま きさい、嘉永3年12月12日1851年1月13日) - 昭和8年(1933年2月5日))は明治時代の歯科医。東京歯科大学の前身高山歯科医学院を設立した。

目次

経歴編集

備前岡山藩(現・岡山県岡山市)出身。幼名は彌太郎。岡山藩家老日置家の家臣・高山紀次の長男。母は清子。叔父の磯田軍次兵衛由道(鴨方藩士・藩主傅役)に素読を授けられ儒教を学ぶ。1868年から翌年にかけて戊辰戦争に従軍。神戸事件では備前藩兵の一員であった。 1870年上京して慶應義塾に入塾し英学を修めると[1]1872年アメリカに渡り歯科医学を学んだ。1878年に帰国した後、東京市京橋区銀座(現・東京都中央区銀座)に高山歯科診療所を開業した。1890年、東京市芝区伊皿子坂上(現・東京都港区三田4丁目)に高山歯科医学院を設立。当時黎明期にあった日本の歯科医学教育の体制作りに尽力した。また、歯科界のヨコの結束作りにも尽力、すでに歯科医として開業していた伊沢道盛小幡英之助とともに日本歯科医会を設立、その初代会長に就任した。1899年高山歯科医学院の経営を血脇守之助に譲ったあとは歯科教育の現場から手をひき、臨床医として診療活動いそしんだ。時には召されて皇族、政治家の診療にも当たったという。1933年2月5日、82歳で死去。戒名は高岳院悟道紀齋居士。正六位、勲五等。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『慶應義塾入社帳』では、入塾が明治3年11月24日。水川秀海「高山紀齋の生涯(その2、高山紀齋の履歴書から)」日本歯科医史学会会誌26-4、2006年10月。
  2. ^ 『官報』第3970号「叙任及辞令」1896年9月19日。

関連項目編集

外部リンク編集