高木 智見(たかぎ さとみ、1955年 - )は、日本の中国哲学歴史学者山口大学教授[1]博士(歴史学)(2002年、名古屋大学にて取得)。専門は中国先文化史・中国古代思想[2]

高木 智見
人物情報
生誕 1955年
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 名古屋大学文学部卒業
同大学院文学研究科史学地理学満期退学
学問
研究分野 中国哲学
歴史学
中国先秦文化史・中国古代思想
研究機関 大韓民国の旗 韓国 南開大学
中華人民共和国の旗 中国 復旦大学
山口大学
学位 博士(歴史学)(名古屋大学にて)
テンプレートを表示

略歴編集

1978年名古屋大学文学部史学科を卒業。1986年、同大学院文学研究科史学地理学満期退学。2002年、同大学にて「先秦の社会と思想 中国文化の核心」で博士(歴史学)。1979年〜1982年に、中国・天津南開大学上海復旦大学に学ぶ。山口大学人文学部助教授に就任。2007年同大学准教授、2010年、同大学教授となる。

著書編集

翻訳編集

論文編集

  • 『楊寛「中国古代史研究法」--「怎様学好祖国的歴史」』(1985年、名古屋大学東洋史研究報告)
  • 孔子思想の核心と教育』(1996年、山口大学文学会誌)[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高木 智見 - 研究者”. researchmap. 2018年1月20日閲覧。
  2. ^ 『内藤湖南』著者紹介
  3. ^ 論文 高木智見

外部リンク編集