画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年1月

西嶋 定生(にしじま さだお、1919年6月25日[1] - 1998年7月25日[1])は、日本の中国史学者、東京大学名誉教授。京都大学宮崎市定東京大学堀敏一一橋大学増淵龍夫等と共に戦後の中国古代史研究をリードする存在であった。

西嶋 定生
人物情報
生誕 (1919-07-25) 1919年7月25日
日本の旗 日本岡山県新見市
死没 1998年7月25日(1998-07-25)(79歳)
学問
研究分野 中国古代史
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

来歴・人物編集

岡山県阿哲郡本郷村(現・新見市)出身[2]第六高等学校を経て東京帝国大学卒業。六高・東京帝大の同級生で中央アジア史学者の山田信夫とは親友[3]

東方文化学院研究員[1]東京大学東洋文化研究所研究員[1]を経て、1949年より東京大学文学部東洋史学科助教授、1967年教授[1]1961年二十等爵制の研究」で文学博士。1980年定年退官、名誉教授。新潟大学就実女子大学でも教授を務めた[1]

1998年7月25日死去。享年79[1]

研究編集

はじめの社会経済史を専攻したがのちに古代史に移り、中華帝国冊封体制論を唱え、邪馬台国北九州説に与した。

著書編集

単著編集

  • 『中国古代帝国の形成と構造 二十等爵制の研究』東京大学出版会, 1961年
  • 『中国経済史研究』東京大学出版会,』1966年
  • 中国の歴史2 秦漢帝国』講談社, 1974年/講談社学術文庫, 1997年
  • 『中国古代の社会と経済』東京大学出版会, 1981年
  • 『中国古代国家と東アジア世界』東京大学出版会, 1983年
  • 『日本歴史の国際環境』東京大学出版会〈UP選書〉, 1985年
  • 『邪馬台国と倭国 古代日本と東アジア』吉川弘文館, 1994年
  • 『中国史を学ぶということ わたくしと古代史』吉川弘文館, 1995年
  • 『倭国の出現 東アジア世界のなかの日本』東京大学出版会, 1999年
  • 『古代東アジア世界と日本』李成市岩波現代文庫, 2000年
  • 『西嶋定生 東アジア史論集』全5巻 岩波書店, 2002年

共著編著編集

  • 『中国史の時代区分』鈴木俊共著 東京大学出版会, 1957年
  • 『東洋史入門』有斐閣, 1967年
  • 『奈良・平安の都と長安 日中合同シンポジウム古代宮都の世界』小学館, 1983年
  • 『空白の四世紀とヤマト王権 邪馬台国以後シンポジウム』角川選書, 1987年
  • 『巨大古墳と伽耶文化 “空白"の四世紀・五世紀を探る』角川選書, 1992年

その他編集

  • 〈監訳〉楊寛著、高木智見訳『歴史激流 楊寛自伝 ある歴史学者の軌跡』東京大学出版会, 1995年

記念論集編集

  • 『東アジア史における国家と農民 西嶋定生博士還暦記念論集』(17名の論考) 山川出版社, 1984年
  • 『東アジア史の展開と日本 西嶋定生博士追悼論文集』(26名の論考) 山川出版社, 2000年

関連リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 西嶋定生』 - コトバンク
  2. ^ 西嶋 定生 コトバンク 20世紀日本人名事典 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ 『人と人』山田信夫教授追悼紀念事業会 友人代表・弔辞pp4 -5。