高梨利洋

日本の野球選手

高梨 利洋(たかなし としひろ、1974年1月9日 - )は、北海道白老郡白老町出身の元プロ野球選手内野手)。

高梨 利洋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道白老郡白老町
生年月日 (1974-01-09) 1974年1月9日(47歳)
身長
体重
183 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1991年 ドラフト5位
初出場 1995年10月3日
最終出場 1999年5月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • サンワード貿易

来歴・人物編集

実父は大昭和製紙北海道の選手・監督や札幌第一高等学校野球部監督を務めた高梨英夫。実兄は元プロ野球選手高梨芳昌札幌第一高校では3年夏にエースで4番を打ち、南北海道大会準優勝[1]1991年ドラフトヤクルトスワローズから5位で指名され、1992年入団。

長く二軍生活が続いたが、1996年は一軍選手に故障が相次いだこともあり39試合に出場し、わずか1試合ではあるが四番も任された。

1999年オフに戦力外通告を受け、地元・札幌に本拠地を置くサンワード貿易に入団。社会人野球を経ずにプロ野球に入団した選手が、プロ退団後に社会人野球に入団するのは当時初めてのケースであった。

サンワード貿易では主に4番から6番を打ち、一塁手として活躍。特に2002年第73回都市対抗野球大会1回戦では、優勝候補の一角だった日産自動車戦で2-2の9回に決勝本塁打を放つ勝負強さを見せた。2004年からはコーチ兼任となりチームに貢献してきたが、廃部になったこともあり2005年限りで退団。

2006年からは、恩師の野村克也が監督に就任した東北楽天ゴールデンイーグルスの北海道地区担当スカウトに転身した。担当した選手は寺田龍平武藤好貴など。

2010年に日本ハムの杉谷拳士に塗り替えられるまで、イースタン・リーグでのシーズン最多安打記録(125本)を保持していた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1995 ヤクルト 3 6 6 1 1 0 0 1 4 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .667 .833
1996 39 70 62 5 12 1 0 0 13 3 0 1 1 0 5 1 2 10 4 .194 .275 .210 .485
1999 7 4 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 49 80 72 7 13 1 0 1 17 6 0 1 1 0 5 1 2 11 4 .181 .253 .236 .489

記録編集

背番号編集

  • 50 (1992年 - 1999年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 92スポニチプロ野球手帳

関連項目編集

外部リンク編集