メインメニューを開く

高橋 五郎(たかはし ごろう、1856年7月 - 1935年9月7日)は、明治時代翻訳家、啓蒙的英文学者である。

1856年7月(安政3年6月)に越後国柏崎庄屋の家に生まれる。本名は吾良である。1868年高崎に行き、市川左近漢学仏学を学ぶ。1871年より牧野再竜高崎藩校田中毛野に学ぶ。

1873年に洋学を学ぶために、上京し緒方塾で学び植村正久と知り合いになり、横浜S・R・ブラウンブラウン塾で英学を学んだ。ブラウンより洗礼を受け、1874年(明治7)以来、ブラウンの元で始められた明治元訳聖書の翻訳の作業を手伝う。1879年(明治12年)にブラウンが帰国すると、J・C・ヘボンの補佐として新旧約聖書の翻訳に貢献した。

また、キリスト教評論家として思想界でも活躍する。『仏教新論』『神道新論』『諸教便覧』を刊行し、比較宗教学によりキリスト教弁証論を論じた。さらに、ヘボンの『和英語林集成』の改訂増補に参加する。『六合雑誌』などに論説を発表した。

1893年(明治26年)9月より立教大学教授になる。その頃、M・A・ステイシェンを助けて、カトリックの聖書『聖福音書』を翻訳した。

1902年(明治35年)に末日聖徒イエス・キリスト教会の歴史と教義について『麼兒門教と麼兒門教徒』をの論文を出版した。[1]

1912年(明治45年)頃より、『ファウスト』などの西欧古典の紹介をし、心霊学に傾倒するようになる。また、コーランの翻訳を始める、1935年昭和10年)に死去するが、死後1938年(昭和13年)に有賀阿馬士との共訳で『聖香蘭経』が出版された。

訳書編集


脚注編集

参考文献編集

  • 『キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文間館、2003年