メインメニューを開く
1951年

高橋 邦太郎(たかはし くにたろう、1898年9月5日 - 1984年2月25日)は、翻訳家比較文学・日仏文化交流研究者。NHK職員でもあった。

目次

経歴編集

東京生まれ。東京外国語学校仏語科及び東京帝國大學仏文科卒業後、1933年、アナウンサーとして当時社団法人だったNHKに入局[1]。戦前のNHKは軍の宣伝機関であったということもあり、今日のような分業制ではなく、アナウンサーである一方で記者としても活動していた。

一時期は文芸部に在籍し、1939年に企画、演出した連続物語『宮本武蔵』は「絶大な人気を得た」という[2]

戦後は報道専業となり、フランス語を生かしてサイゴン(現在のホーチミン市)支局長などを務め、退職した。

東京帝大在学時からフランス文学の翻訳を行い、その後もフランス大衆小説などを翻訳。NHK退職後は上智大学講師を経て共立女子大学教授、日仏文化交流史の研究家となった。「日本古書通信」に回顧談を連載開始間もなく没した。没後に高橋邦太郎賞が設けられた。

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ NHKアナウンサー史編集委員会 1992, p. 12, §NHKアナウンサー一覧.
  2. ^ 南利明「ラジオ初期の料理番組」『放送研究と調査』第47巻第7号、日本放送出版協会、1997年、 64頁。 NAID 40004969130

参考文献編集