メインメニューを開く

高田 純(たかだ じゅん、1947年12月11日 - 2011年4月21日)は、日本の脚本家映画評論家

別名義に「たかい すみひこ」がある。

人物編集

長崎県出身。慶應義塾大学文学部卒。

父親は広島市爆心地から2キロで被爆しており[1]、被爆2世として出生。

大学在学中に松原敏春に弟子入りし、コント番組のギャグなどを手掛ける。卒業後はスポーツニッポン週刊プレイボーイ週刊朝日などで、東映実録路線、日活ロマンポルノ等を中心に映画批評を担当、若手映画評論家として注目を浴びる。

1973年に『必殺色仕掛け』(日活)で脚本家デビュー後はシナリオライターに転じ、劇場作品やサスペンスドラマを中心に活動した。趣味はロールプレイングゲームであり、特に『ドラゴンクエスト』シリーズの大ファンだったという。

2011年4月21日、心不全のため死去[2]。63歳没。

主な作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

バラエティ番組編集

Vシネマ編集

脚注編集

  1. ^ 映画芸術』2011年夏号、2011年7月30日発行、155頁
  2. ^ 訃報:高田純さん63歳=脚本家、映画評論家 毎日新聞 2011年4月23日閲覧(インターネットアーカイブ2011年4月25日分キャッシュ)