高階為章

平安時代の官吏
 
高階為章
時代 平安時代後期
生誕 康平2年(1059年
死没 康和5年12月20日1104年1月19日
官位 正四位下、木工頭丹波
主君 白河天皇
氏族 高階氏
父母 父:高階為家、母:藤原義忠の娘
兄弟 為章為賢為遠源家実室、源有賢室、源雅俊室(掌侍高階業子)、源信雅室?
養子:高階為行
藤原基貞の娘、源業房の娘、藤原時房の娘
仲章宗章雅章時章為子
養子:高階基章
テンプレートを表示

高階 為章(たかしな の ためあき、康平2年(1059年) - 康和5年12月20日1104年1月19日))は、平安時代の官吏。父の為家と同じく白河上皇院近臣として仕えた。12歳で六位蔵人として白河天皇に仕え、永保元年の正月に13歳で叙爵し、越後守に任じられ同年10月に昇殿を果たした。白河天皇が上皇となってからは院近臣として但馬、加賀、丹波など大国の守を歴任した。

しかし父に先立って康和5年12月20日に45歳で卒去した。また長男の仲章も彼の死後の3年後に21歳で頓死した。

系譜編集

参考文献編集