メインメニューを開く

鮎のうた』(あゆのうた)は、1979年昭和54年)10月1日から1980年(昭和55年)4月5日まで放送されたNHK連続テレビ小説第24作である。

鮎のうた
ジャンル ドラマ
脚本 花登筺
出演者 山咲千里
仲雅美
宮崎達也
土田早苗
高田次郎
馬渕晴子
藤岡琢也
ミヤコ蝶々
木村功
吉永小百合
ほか
ナレーター フランキー堺
時代設定 大正末期~昭和27年頃
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年10月1日 - 1980年4月5日
放送時間 月曜 - 土曜8:15~8:30
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
回数 158[1]
テンプレートを表示

概要編集

滋賀県長浜市と、大阪府大阪市船場が舞台。

幼くして母を失った女性が、船場の糸問屋に奉公し、一人前の御寮さんになるまでを描く。

1979〜80年の平均視聴率は42.7%、最高視聴率は49.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]。全158回。

2000年4月3日-同年9月30日BS2で再放送された。

ヒロインはオーディションによって山咲千里が選ばれた。山咲は本作が女優デビュー作である。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集