藤岡 琢也(ふじおか たくや、1930年9月4日 - 2006年10月20日)は、日本俳優声優

ふじおか たくや
藤岡 琢也
本名 藤岡 琢也
生年月日 (1930-09-04) 1930年9月4日
没年月日 (2006-10-20) 2006年10月20日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本兵庫県姫路市
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区
身長 165cm
血液型 O型
職業 俳優声優
活動期間 1957年 - 2006年
活動内容 1957年:劇団「」へ入団
配偶者 あり(1960年 ‐ 2006年、2007年死去)
主な作品
テレビドラマ
事件記者
横堀川
桃太郎侍
おやじのヒゲ』シリーズ
渡る世間は鬼ばかり』シリーズ
おんなは度胸
徳川慶喜
映画
八甲田山
連合艦隊

CM
サンヨー食品サッポロ一番みそラーメン
受賞
第4回ギャラクシー賞受賞
菊田一夫演劇大賞特別賞

兵庫県姫路市出身。身長165cm、体重71kg。兵庫県立姫路西高等学校卒業、関西学院大学文学部中退。

目次

来歴・人物編集

1930年、姫路市にて会社員の父・憲一の第一子として誕生(家族は妹2人を加えて5人家族)。その当時としてはかなり裕福な家庭に育ち、成績は優秀だった。

広島陸軍幼年学校在籍時に終戦を迎え、その後、兵庫県立姫路西高等学校を卒業。

1949年関西学院大学文学部に入学するが、翌年に病気のため中退。入院中にラジオ作家の堀江史朗の弟と知り合い、退院後、芸能界入りのため堀江を頼って上京した。

1957年に劇団「」へ入団。当初は「平凡な顔立ち」という理由で、外国ドラマ・アニメなどの声優としての活動をしていたが、1966年に『事件記者』に急逝した清村耕次の後任としてレギュラー出演し、世間に広く知られた。続いて『横堀川』での主人公を慕い協力する寄席芸人・ガマ口役でその演技力を認められ、第4回ギャラクシー賞を受賞した。

映画ではお調子者の中間管理職や中小企業の社長役を演じた。初の主演映画は1970年の『喜劇 がんばれ日本男児』。映画では、小狡い小悪党の役も巧くこなし、単なる善良な父親だけではない幅広い役柄を演じた。1969年から森繁久彌主演の映画『社長シリーズ』にも数本出演し、1970年には明治座において森繁劇団10周年記念公演に出演した。1986年10月29日から、TBS系で放送された森繁主演のテレビドラマシリーズである『おやじのヒゲ』に10年にわたってレギュラーとして出演した。森繁からはプライベートでも実弟のように大変可愛がられていたという。小林桂樹とも昔からの共演が縁でとても仲が良かったそうで、晩年はツーカーの携帯電話のCMで一緒に共演した。

テレビドラマでは、大阪を舞台とした商人ものやホームドラマなどに数多く出演。特にホームドラマでは、小太り・黒縁の眼鏡・口ヒゲといった特徴的な風貌で登場し、「家に帰ると背広から和服に着替えて一杯飲む」という、一時代前の典型的な日本の父親を努めて演じた点での功績が大きい。同系統の役柄を多く演じたのは1960年代には森繁が挙げられるが、その後継者的位置を確立した。また、演じる役柄によっては関西弁を強調した話し方もこなした。

1984年橋田壽賀子脚本『大家族』出演をきっかけに、その後、多くの橋田作品に起用された。特に1990年よりスタートした『渡る世間は鬼ばかり』での五人姉妹の父親である岡倉大吉役は晩年の代表作と言われ、認知度も高い。

1969年から2004年までの35年間、サンヨー食品の「サッポロ一番みそラーメン」のCMに出演していた[注釈 1]

2006年2月21日肺炎のために『渡る世間は鬼ばかり』を降板[注釈 2]。同年10月20日午後3時18分、慢性腎不全のため東京都新宿区慶應義塾大学病院で死去。76歳没。戒名は「夢藤岡琢也霊位」。「渡る世間は鬼ばかり」2005年3月放送の第7シリーズ最終話が藤岡の遺作となった。

2006年10月24日増上寺において葬儀がとりおこなわれた。会場には生前本人が好きだったジャズ音楽が流された。『渡る世間は鬼ばかり』の石井ふく子プロデューサー、岡倉家の五人姉妹(長山藍子泉ピン子中田喜子野村真美藤田朋子)やドラマの共演者が葬儀に参列している。弔辞は泉ピン子が読み上げ、藤岡の出棺の際には親友の長門裕之が「琢さん お疲れ様」と声を挙げていた。水前寺清子も見送った[注釈 3]

弟子に藤井つとむらがいた。

エピソード編集

  • 名前は生まれたとき茂と名付けられたらしい。(2006年10月22日、『Theサンデー』より。)
  • 桂米朝は小学校の上級生で、遠足の時に案内で手をつないでもらった。
  • キダ・タローは大学時代の同級生であり在学中に同じタンゴバンドに所属する音楽仲間であった。藤岡の担当はバイオリン、キダ・タローの担当はアコーディオンだった[1]。その後、30歳近くになった時に初めて関西NETテレビ(現在のテレビ朝日)によるモーニングショー番組の「ご対面」コーナーで共演することになる時まで、キダは俳優・藤岡琢也が同級生の藤岡茂とは知らなかったという[2][1]。なおキダによれば、この番組の収録または放送前において二人は事前にメイク室で顔を合わせており、藤岡から「うまいことやってや」とも言われていた。だが番組はあくまで対面の瞬間まで藤岡はキダが来るとは知らない、と言う設定で進められており、藤岡はこの大きさはアコーディオンかな、ひょっとして木田ちゃん?・・・などと、役者っぷりを発揮したという。なおキダの方はこういうヤラセは気にくわなかったとのことである[2]。藤岡が亡くなった事を聞いたキダは「悲しい」とコメントした。
  • 戦時中は、供出で不足した鉄針の代わりに小指の爪を尖らせてレコード盤面に当て、親指を耳に当てて音を聴いたという、熱心な音楽好きをうかがわせるエピソードが残っている。
  • 無名時代、「君は役者に向いていない」と言われ、嘉穂劇場で音響の裏方をしていた事がある。
  • 俳優仲間からは「タクさん」の愛称で親しまれた。
  • 無名時代から若山富三郎長門裕之石原裕次郎とはプライベートでもたいへん親交が深かったそうで若山が一番年上だったが、毎晩のように4人で集まっては遊んでいたという。藤岡の逝去直後には長門がマスコミ等のインタビューに応じて藤岡との思い出話を語っている。
  • 1966年の『紅白歌合戦』に紅組応援団として参加した
  • 晩年はキムタクをもじった「フジタク」という愛称で親しまれた。フジタクは一時期『痛快!明石家電視台』の番組マスコット(着ぐるみ)になった。
  • ドラマでは典型的な日本の父親を演じたが、実生活では子供はいなかった。
  • 映画でやくざを演じる場合(主人公に倒されたり、引退するなど)やられ役が多かった。
  • 阪急ブレーブス時代からのオリックス・バファローズファンである。エピソードとして、山森雅文の高い守備力を「何度だって見てみたい。奇跡だ」と絶賛した。
  • 2003年9月13日、『さんま所のオシャベリの殿堂』(日本テレビ系)に出演し、数々のエピソードを披露し、ジャズを歌った。
19歳から7年間病気と闘い、大手術を受けて社会復帰が可能となった。
初舞台は、アルベール・ユッソン作『俺たちは天使じゃない』の二枚目の海軍士官の役だった。登場シーンで失敗し観客から大笑いされ、舞台上で上京したことを後悔し涙ぐんだ。
原節子のファンだった。小さい頃母親につれられてよく映画を見に行った。
1958年川島雄三監督の映画『女であること』(東宝)に端役で出演した時、原節子から皮をむいたミカンを半分貰ったことが忘れられない。
1960年代に放送された『ディズニーランドアワー』(NTV)で初代のドナルドダックの声を演じた。
一番好きな曲は1930年代のジャズのスタンダードナンバー「君微笑む時 When You Smile」である。
晩年は愛犬のタロー(ラブラドールレトリバー)と自宅周辺を散歩するのが健康法であった。
終戦後、ジャズに出会いジャズプレーヤーを目指すが、1948年に肺結核を患い断念した。
自宅には長年にわたって収集したジャズレコード3000枚があり、ガラスケースに飾られている。
1955年、ギャラ500円のころに3000円で買ったジャズレコード『The VIC DICKENSON SHOWCASE』が宝物のひとつである。
1965年、妹の親友であった千鶴子と結婚する。夫人の本名は千鶴(ちづる)であったが言いにくいため、藤岡が改名させた。子どもはいなかったが、仲が良い夫婦として知られた。その後、千鶴子も藤岡が亡くなった後、2007年6月に死去している。
1970年、森繁劇団10周年記念公演に出演した際、森繁からもっと遊びを覚えろと言われ、酒飲みになろうと決意し遊び始めた。
晩年の夢はジャズツアーを企画し、日本全国を大型バスでまわることだったという。

出演作品編集

※「 - 」は役名

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

海外アニメ編集

CM編集

その他編集

  • マキシシングル「渡鬼音頭」
  • ときめきJAZZ喫茶(NHKラジオ)
    この番組でも随時話しているが、藤岡は同じ姫路出身のジャズ音楽評論家(姫路ジャズメイツ代表)・ラジオパーソナリティーの人見恭一郎との親交が深いことから、ジャズへの造詣も非常に深い。
  • 新潮CD「おはん」(新潮社)
    宇野千代「おはん」(新潮文庫)の全文を朗読したもの。原作は中年男性の独白で構成されており、かつて声優で活躍していた藤岡の「声の名人芸」が聴ける。

受賞歴編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 後任は木梨憲武
  2. ^ 後任は宇津井健が務めた
  3. ^ ピン子は藤岡を私生活でも芸能界の父親と慕っていた

出典編集

  1. ^ a b 関西楽員同窓会東日本センター東京支部; キダ・タロー (2008), KG PEOPLE 013 キダ・タローさん, 関西楽員同窓会東日本センター東京支部, オリジナルの2016-3-18時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160318215746/http://www.kg-tokyo.com/people/013index.html 
  2. ^ a b 阿川佐和子 (2015), 「聞く力」文庫1 アガワ対談傑作選, 文春文庫, 文藝春秋, p. 291-307  - 週刊文春に連載された対談。キダの対談は2014年3月20日号に掲載された。
  3. ^ 新宝島”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月11日閲覧。
  4. ^ うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー”. メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集