メインメニューを開く

鳥取県道303号大高下口波多線

日本の鳥取県の道路
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
鳥取県道303号標識

鳥取県道303号大高下口波多線(とっとりけんどう303ごう おおこうげくちはたせん)は岡山県津山市阿波字大高下と鳥取県八頭郡智頭町口宇波を結ぶ予定の一般県道である。

岡山県は岡山県道として認定する予定もなく、今のところ鳥取県側だけの路線になっている[1]

概要編集

路線データ編集

  • 起点:津山市阿波字大高下(岡山県道・鳥取県道118号加茂用瀬線交点)
  • 終点:鳥取県八頭郡智頭町口宇波(岡山県道・鳥取県道6号津山智頭八東線交点)
  • 総延長:6.4km(鳥取県側の延長。内訳は開通区間5.2km、未開通区間1.2km)
  • 実延長:
  • 未認定区間:津山市阿波字大高下(起点) - 岡山・鳥取県境間(途中までは林道が通っている)
  • 未開通区間:岡山・鳥取県境 - 鳥取県八頭郡智頭町波多間(1.2km)

沿革編集

  • 1976年(昭和51年)12月28日 - 鳥取県告示第1,043号により認定される。
  • 1982年(昭和57年)9月10日 -鳥取県側の県道番号が現行のものに変更される。
  • 1984年(昭和59年)8月31日 - 鳥取県告示第645号で県道番号変更が正式に告示される。
  • 2005年(平成17年)2月28日 - 苫田郡阿波村が津山市に編入されたことにより起点の地名表記が変更される(苫田郡阿波村大高下→津山市阿波字大高下)。

地理編集

通過する自治体編集

  • 岡山県
    • 津山市
  • 鳥取県
    • 八頭郡智頭町

名所・旧跡・観光地編集

  • 落合渓谷
  • 布滝(のんだき)
  • 白髪滝キャンプ場

交差する道路編集

  • 岡山県道・鳥取県道118号加茂用瀬線(津山市阿波字大高下〔起点〕)

※この間に区域未編入区間・未開通区間あり。

  • 岡山県道・鳥取県道6号津山智頭八東線(鳥取県八頭郡智頭町口宇波〔終点〕)

備考編集

岡山県道303号は現在は欠番である(1994年(平成6年)までは岡山県道303号宇治高倉線だったが主要地方道再編で岡山県道85号高梁坂本線になり廃止)。

なお、鳥取県側には山陰道への国道9号移行を契機として県道路線の整理を実施する計画があることが2006年(平成18年)6月3日中国新聞朝刊などで報じられており、岡山県側の認定や区域決定、さらに全線開通の見込みのない本路線の今後は不透明である。

脚注編集

  1. ^ 目安箱12月提言意見”. 道の認定について. 岡山県 (2003年12月). 2013年6月20日閲覧。 “鳥取県道大高下口波多線は詳細不明だが昭和51年に鳥取県が認定しただけで、岡山県は認定する予定がない路線である。”

関連項目編集