鳥尾 鶴代(とりお つるよ、1912年5月25日 - 1991年12月27日)は、日本子爵夫人。旧姓下條(げじょう)。のち鳥尾多江

経歴編集

三井物産社員・下條小四郎の娘として、東京市麹町区(現在の東京都千代田区)に生まれた。祖父・下條桂谷(本名・下條正雄)は日本画家で貴族院議員。1919年女子学習院初等科に入学。1923年3月、神奈川県大磯に転居。

1932年11月23日、子爵・鳥尾敬光(のりみつ)と結婚。1933年9月4日、長男・鳥尾敬孝1935年に長女・絵美を生む。1937年から1940年、鳥尾家後見人の事業失敗によって東京市小石川区(現在の東京都文京区)の屋敷やその他の地所を失い、世田谷区深沢に転居。1945年6月、戦火を避けて長野県軽井沢町に疎開する。

1946年GHQ民政局次長チャールズ・ケーディスと知り合い、恋に落ちる。これにより、ケーディスと鳥尾家は家族同然の交流を深める。鶴代がケーディスに接近したのには情報収集の任もあったという。かたわら、銀座の洋装店に勤務して家計を助ける。1948年、ケーディス帰国。

1949年6月24日、夫が脳溢血で急死。夫の死後、洋装店の仕事に加えて株式会社日本開発機械に渉外部長として勤務。1950年青山に転居。筋向いに住む森清森矗昶の四男、当時昭和電工社長、のち衆議院議員)と恋に落ちる。1953年、銀座でバー「鳥尾夫人」を開くが、2年8か月で閉店。1968年6月19日、清逝去。1991年12月27日、79歳で死去。

参考文献編集

  • 南博「鳥尾夫人の生活と意見」(『文藝春秋』昭和27年臨時増刊、第30巻第9号、1952年6月5日)– 南博『日本の社会と文化』(勁草書房、2001年8月10日)所収
  • マダム鳥尾『おとこの味』(サンケイ新聞社、1969年)
  • 鳥尾多江『私の足音が聞える ― マダム鳥尾の回想』(文藝春秋、1985年7月1日)
  • 木村勝美『子爵夫人 鳥尾鶴代 ― GHQを動かした女』(立風書房、1992年1月)
  • 橘かがり『焦土の恋 "GHQの女"と呼ばれた子爵夫人』 (祥伝社文庫、2011年3月11日)