メインメニューを開く
シーボルト宅跡

鳴滝塾(なるたきじゅく)は、文政7年(1824年)に、シーボルト長崎郊外に設けた私塾診療所も兼ねていた。

木造2階建てで、書庫などがあり、庭には日本各地でシーボルトが採取した薬草類が栽培された。シーボルトは出島から塾まで通い、西洋医学自然科学など科学の幅広い分野を教授した。鳴滝塾では、高野長英二宮敬作伊東玄朴戸塚静海など50人以上が学んだ。

私塾の跡地は現在の長崎市鳴滝にあり、1922年大正11年)10月12日に、シーボルト宅跡の名称で国の史跡に指定された[1]。跡地に隣接して1989年(平成元年)に長崎市によりシーボルト記念館が開館された。

鳴瀧という地名は、第24代長崎奉行の牛込忠左衛門勝登が、京都の鳴瀧にあやかって名付けた。

脚注編集