メインメニューを開く

鵜山 仁(うやま ひとし、1953年3月17日[1] - )は、演出家奈良県大和高田市生まれ。文学座演出部所属。日本演出者協会理事。

経歴編集

奈良女子大学文学部附属高等学校慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業。

舞台芸術学院を経て文学座附属演劇研究所に17期生として入所。1982年、文学座座員に昇格。

初演出作品は1980年の『オペラ・死神』、ストレートプレイでは1982年の文学座アトリエ公演『プラハ1975』。

以降、劇団の内外で精力的に活動を続け、特にシェイクスピア井上ひさしの作品を数多く手がけている。1983年から1年間、文化庁在外研修員としてパリに滞在。2007年9月から2010年8月まで、新国立劇場の演劇部門の第4代芸術監督を務めた。

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.534

外部リンク編集