メインメニューを開く

グリークス』(The Greeks)は、イギリス演出家ジョン・バートンと翻訳家ケネス・カヴァンダーが、10本のギリシャ悲劇をひとつの長大な物語に再構成した舞台作品。3部構成になっており、上演時間は9~10時間に及ぶ大作である。原題は「ギリシャ人たち」の意。

ギリシャ軍の総大将アガメムノンがトロイア戦争を開始する時点から、その息子オレステスがタウリケにいる姉イピゲネイアを救出するまでが描かれる。

初演は1980年、英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)公演。日本初演は1990年の文学座アトリエの会公演(演出は吉川徹鵜山仁高瀬久男)。2000年には蜷川幸雄の演出により、主役級の俳優たちを結集して上演され、読売演劇大賞紀伊國屋演劇賞などを受賞した。日本語訳は吉田美枝による。

概要編集

英国で上演されるギリシャ劇の翻訳や演技に血が通っていないと考えたバートンはカヴァンダーと組み、人間らしさを感じさせるよう翻訳を簡潔にして要約や加筆を施し、古典作品を現代劇として仕上げた。 原作と比較して顕著な変更は、作品を通して女性の視点を中心に据えたこと、登場人物の心理的な裏づけを明確にしたこと、様式性を弱めたコロスの描き方などが挙げられる。

あらすじ編集

  • 第一部「戦争」

プロローグ/アウリスのイピゲネイアエウリピデス作)/アキレウス(ホメロス作)/トロイアの女たち(エウリピデス作)

トロイア戦争の原因を巡って語り始めるコロス。トロイア王子パリスによって連れ去られたスパルタメネラオスの妻ヘレネを奪回するためにギリシャ軍が集結する。

トロイアへ向けて出航したギリシャ軍は、女神アルテミスの力によってアウリスに足止めされていた。女神は総大将アガメムノンの長女イピゲネイアを生贄に捧げることを要求。妻クリュタイムネストラの必死の嘆願も振り切りその要求に応えようとするアガメムノン。イピゲネイア本人も遂には軍のために犠牲になることを決意する。

勇者アキレウスは側女ブリセイスをアガメムノンに不当に奪われたことに怒り戦線を離脱する。トロイア軍によって壊滅寸前に追い込まれるギリシャ軍。親友パトロクロスはアキレウスの鎧を身につけて抗戦するが、トロイア王子ヘクトルに殺されてしまう。後悔の念に駆られるアキレウス。アガメムノンは謝罪し、ブリセイスをアキレウスの元に返す。ヘクトルを殺せば自分も死ぬという予言を知りながらも、アキレウスは戦線復帰して仇を討つ。

オデュッセウスによる木馬作戦が成功し、トロイアを陥落させたギリシャ軍。ヘレネは奪還された。トロイア王妃ヘカベをはじめ、アンドロマケカッサンドラポリュクセネらがそれぞれ奴隷としてギリシャ人の所有物にされていく中、トロイアは焼け落ちる。

  • 第二部「殺人」

ヘカベ(エウリピデス作)/アガメムノンアイスキュロス作)/エレクトラソフォクレス作)

戦死したアキレウスの霊が風を止めたため帰還できないでいるギリシャ軍。霊を鎮めるためにヘカベの娘ポリュクセネが生贄として殺される。更に、トロキア王ポリュメストルに預けていた幼い王子が裏切りにより殺されていたことを知ったヘカベは、女達と結託してポリュメストルを誘い出して彼の目をつぶし、その息子を殺害して復讐を遂げる。

アガメムノンが10年ぶりにミュケナイに帰還するが、かつて長女を生贄に殺された復讐として、連れ帰ったカッサンドラ共々、クリュタイムネストラに殺害される。

クリュタイムネストラは愛人アイギストスと暮らし、次女エレクトラは孤独と憎しみの日々を送っていた。そこにポーキスへ逃れていた長男オレステスが成長して帰ってくる。姉弟は手を組んで、母とその愛人を殺し、父の復讐を果たす。先祖タンタロスの罪で神に呪われたミュケナイ王家の流血の歴史は途絶えることがない。

  • 第三部「神々」

ヘレネ(エウリピデス作)/オレステス(エウリピデス作)/アンドロマケ(エウリピデス作)/タウリケのイピゲネイア(エウリピデス作)

トロイア戦争の発端となったヘレネは、実はトロイアへは行かずエジプトで暮らしていた。女神ヘラの策略によるもので、トロイアのヘレネは幻だったのだ。一方、トロイアからの帰還途中に船が難破してヘレネを失い、エジプトに流れ着いたメネラオスは、そこで本物のヘレネと再会する。夫婦はエジプト王を欺いて船を奪い脱出する。

母殺しの罪により、復讐の女神にとりつかれたオレステスを看病するエレクトラ。帰還したメネラオスも二人の味方にはならない。裁判で死刑を宣告された姉弟は、いとこのピュラデスと結託してヘレネを殺し、メネラオスの娘ヘルミオネを人質にとって館に放火しようとする。そこへ神アポロンが現れ、ヘレネを新たな女神として連れ去り、オレステス達にそれぞれの進むべき道を示す。

かつてのトロイア王女アンドロマケは、アキレウスの息子ネオプトレモスの奴隷として暮し、二人の間には息子が産まれた。ヘルミオネは、オレステスと結婚せよという神アポロンの命に背いてネオプトレモスの妻となるが、嫉妬からアンドロマケを殺そうとする。神託を成就しようとするオレステスらはネオプトレモスを殺し、ヘルミオネを連れ戻す。孫の死を悲しむ老ペレウス。そこへアキレウスの母である海のニンフ、テティスが現れ、神ゼウスによって永遠の命を得た夫ペレウスを連れこの世を去っていく。残されたアンドロマケは生きる気力を取り戻し、幼い息子に未来を託す。

アウリスで生贄にされたはずのイピゲネイアは、実は女神アルテミスに救われてタウリケで巫女になっていた。そこへ偶然訪れたオレステスとピュラデス。再会した姉弟は女神アテナの助けを得て逃亡し、自由の身となる。一族への呪いはついに終わり、人々は平和を喜び合う。

日本版キャスト編集

日本語訳編集

  • 『グリークス―10本のギリシャ劇によるひとつの物語』(劇書房、吉田美枝訳、2000年)ISBN 4875745915