メインメニューを開く
1953年

鵜飼 信成(うかい のぶしげ、1906年3月9日 - 1987年5月10日)は、日本法学者学位法学博士。専門は憲法行政法東京都出身。元日本学士院会員。

目次

人物編集

日本メソヂスト教会銀座教会牧師であった鵜飼猛の子。在共産主義者「ジョー小出」として知られた鵜飼宣道は実兄、また日本基督教団銀座教会名誉牧師・東京神学大学元理事長の鵜飼勇は実弟である。

略歴編集

著書編集

  • 『社会行政法』(日本評論社、1938年)
  • 『法律のはなし』(三省堂出版、1950年)
  • 『行政法の歴史的展開』(有斐閣、1952年)
  • 『憲法(法律学講座)』(弘文堂、1954年)
  • 『現代アメリカ法学』(日本評論社、1954年)
  • 『憲法』(岩波書店「岩波全書」、1956年)
  • 『公務員法』(有斐閣法律学全集、1958年)
  • 『憲法と裁判官』(岩波新書、1960年)
  • 『神と人との間』(弘文堂、1966年)
  • 『法とは何か』(日本放送出版協会、1969年)
  • 『憲法における象徴と代表』(岩波書店、1977年)
  • 『法と裁判をささえる精神』(岩波書店、1983年)
  • 『司法審査と人権の法理』(有斐閣、1984年)

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース