メインメニューを開く

鶯村(うぐいすむら)は、かつて岐阜県揖斐郡にあったである。

鶯村
廃止日 1956年4月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 大野町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
揖斐郡
面積 4.55km2.
総人口 1,708
(1956年)
隣接自治体 揖斐郡大野町池田町川合村
安八郡神戸町
鶯村役場
所在地 岐阜県揖斐郡鶯村公郷1670-1
 表示 ウィキプロジェクト

現在の揖斐郡大野町西部に該当する。揖斐川の東岸の村である。

鶯村の由来は、構成する旧村の名称(公郷、大衣斐、小衣斐)の公と衣が、ウグイスの別名「金衣公子[1]」に使用されている文字であるから、金衣公子→鶯としたという。

歴史編集

教育編集

史跡編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ウグイスの別名であるが、古代中国ではコウライウグイスを指していた。

関連項目編集