メインメニューを開く

黒山駅

日本の新潟県新潟市北区にある東日本旅客鉄道・日本貨物鉄道の駅

黒山駅(くろやまえき)は、新潟県新潟市北区太田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)白新線である[1]

黒山駅
駅舎(2019年10月)
駅舎(2019年10月)
くろやま
Kuroyama
豊栄 (3.0km)
(3.0km) 佐々木
所在地 新潟市北区太田[1]2314
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 白新線
キロ程 18.0km(新潟起点)
電報略号 クヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
192人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1957年昭和32年)2月11日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示
黒山駅の位置(白新線内)
黒山駅
黒山駅(白新線)
改札と待合室(2016年8月)
旧駅舎
駅前にある駐輪場には、待合スペースとトイレがある
駅構内。右から順に1番線、2番線。側線は4本あり、左から3番目が新潟東港鉄道に通じている

歴史編集

  • 1957年昭和32年)2月11日:開業[1]旅客駅。当時はホームの長さが4両分しかなかった。
  • 1970年(昭和45年)10月1日:新潟臨海鉄道太郎代線が開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。同時にJR貨物と新潟臨海鉄道の貨物連絡運輸が開始。
  • 2002年平成14年)10月1日:新潟臨海鉄道太郎代線が全線廃止され、一部区間(黒山~西ふ頭間)の鉄道施設が新潟県に移管。同時にJR貨物の駅としても開業(連絡運輸の相手が専用線となったため)。
  • 2006年(平成18年)1月21日:新潟都市圏でICカード「Suica」のサービスを開始。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅一線スルー方式を採用し、1番線が本線、2番線が副本線となっている[1]。そのため通常1番線が使用されている[1]。なお、2つのホームは跨線橋で連絡している。

ホーム北側には側線が4本ある。かつては新潟臨海鉄道と貨車の受け渡しをするために使用されていた[1]が、新潟臨海鉄道の廃止により稼動機会は激減し、4線とも新発田方面のポイントは撤去されている。

1番線側に駅舎はあるが、無人駅となっている。駅舎内は簡易自動券売機Suicaへのチャージは不可)などがある。駅舎内は禁煙となっているが、駅前にはトイレと待合スペースを内包した駐輪場があり、この待合スペースが喫煙所を兼ねている。簡易Suica改札機が入場・出場各1台設置されている。

新潟駅管理の無人駅

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1・2 白新線 下り 新発田方面[2]
上り 新潟方面[2]

貨物取扱編集

JR貨物の駅は臨時車扱貨物の取扱駅となっており、定期貨物列車の発着はなくなっている。現在は、当駅に接続する黒山駅分岐新潟東港専用線(新潟東港鉄道、専用線)から、新潟トランシスで製造された鉄道車両を輸送する甲種車両輸送列車が不定期に発着している。

利用状況編集

「新潟市統計書」によると、2010年度(平成22年度)までの年間乗車人員の推移は以下のとおりである[3]。なお、新潟市合併前の2004年度(平成16年度)以前のデータは非公表となっている。

乗車人員推移
年度 年間乗車人員
(単位:千人)
出典
2005年(平成17年) 73 [3]
2006年(平成18年) 79
2007年(平成19年) 78
2008年(平成20年) 75
2009年(平成21年) 73
2010年(平成22年) 70

無人駅については、発券データが正確に計上されないとして、2011年度(平成23年度)以降の乗車人員データが非公表となった。

駅周辺編集

駅周辺は古くからの農村型住宅地である。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
白新線
快速「べにばな」・快速
通過
普通
豊栄駅 - 黒山駅 - 佐々木駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊 JR全駅・全車両基地』14号 長野駅・新津駅・高田駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年11月11日、27頁。
  2. ^ a b 時刻表 黒山駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ a b 13 運輸・通信 (PDF)”. 平成23年度統計書. 新潟市 (2012年3月). 2019年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集