黒田 吉之(くろだ よしゆき)は、江戸時代前期から中期にかけての筑前国福岡藩の世嗣。官位従四位下大隅守

 
黒田吉之
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 天和2年6月15日1682年7月19日
死没 宝永7年7月3日1710年7月28日
改名 政之、吉之
墓所 東京都渋谷区祥雲寺
官位 従四位下大隅守
筑前福岡藩世嗣
氏族 黒田氏
父母 黒田綱政、呂久姫(立花鑑虎養女)
兄弟 吉之宣政上杉吉憲正室、亀之助
冨姫本多忠常養女)
圭光院
テンプレートを表示

略歴編集

4代藩主・黒田綱政の長男として誕生。母は立花鑑虎の養女・心空院。初名は政之(まさゆき)。

元禄9年(1696年)叙任。5代将軍・徳川綱吉偏諱を授かり、吉之に改名した。宝永7年(1710年)、父に先立って死去した。享年29。代わって、弟の政則改め宣政が嫡子となった。

遺物として書と、正室本多氏の娘との婚礼調度一部が今日まで伝わり(黒田資料)、福岡市美術館に所蔵されている。また広尾祥雲寺にある吉之の墓標は、藩祖の黒田長政に次いで巨大である。

系譜編集