メインメニューを開く

黒田 宣政(くろだ のぶまさ)は、筑前福岡藩の第5代藩主。

 
黒田宣政
Kuroda Nobumasa.jpg
黒田宣政像(福岡市博物館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 1685年6月10日貞享2年5月9日
死没 1744年9月16日延享元年8月10日
改名 政則 → 宣政
戒名 泰林院義山道勇
墓所 崇福寺福岡県福岡市
天真寺東京都港区
官位 従四位下、和泉守、肥前守
主君 徳川家宣家継吉宗
筑前福岡藩
氏族 黒田氏
父母 父:黒田綱政
母:呂玖姫(心空院、立花忠茂の娘、立花鑑虎の養女)
兄弟 黒田吉之黒田宣政
正室:艶姫(瑞嶺院、南部行信の娘)
養子:継高幸姫(黒田継高正室)
テンプレートを表示

貞享2年(1685年)、福岡藩第4代藩主・黒田綱政の次男として、江戸桜田の藩邸にて生まれた。初名は政則(まさのり)。兄の吉之が早世したため嫡子となり、正徳元年(1711年)の父の死去により跡を継いだ。藩主就任時に将軍徳川家宣より偏諱を受けて宣政と名乗った。

しかし生来病弱で政務を執れず、また嗣子にも恵まれなかったため、叔父で支藩直方藩主・黒田長清の子で、従弟にあたる継高を養嗣子として迎え、享保4年(1719年)11月に隠居して家督を継高に譲った。病弱のため、領地筑前に入ることが中々できず、藩政は代理で叔父の長清が行っている。宣政時代の黒田家の文書類はほぼ焼失、散逸しており、従姉妹の市子((酒井河内守忠挙の娘、松壽院)との交換書状が唯一残る。

延享元年(1744年)、江戸桜田藩邸にて死去した。享年60。

脚注編集