メインメニューを開く

ハイビジョン試験放送(ハイビジョンしけんほうそう)およびハイビジョン実用化試験放送(ハイビジョンじつようかしけんほうそう)は、ハイビジョン放送の実用化を目的に放送されたテレビチャンネルである。周波数は社団法人ハイビジョン推進協会が割り当てを受け、日本放送協会および民放7社が実際の放送を行った(コールサインについては、「ハイビジョン試験放送」時代はハイビジョン推進協会に、「実用化試験」になってからは実際に放送を行う8つの放送事業者ごとに割り当てられた。詳しくは後述参照)。

ハイビジョン試験放送
基本情報
略称(愛称) ハイビジョン
運営(番組供給)事業者 ハイビジョン推進協会
アナログ放送(BS、放送終了)
チャンネル番号 BS-9ch
放送開始 1991年11月25日
放送終了 2007年9月30日
特記事項:
アナログBS-9chは2000年12月1日よりNHKに周波数が割り当てられ、NHK衛星ハイビジョン放送に移行、2007年9月30日付けの放送(10月1日1:00)終了をもって廃局となった。
テンプレートを表示

概要編集

NHKが中心となって開発を進めて来た高品位テレビ「MUSEハイビジョン」の実用化へ向けて、1989年6月3日から1991年11月24日までNHK衛星第2テレビジョン(BS2)の14:00〜15:00(大相撲開催中は17:00〜18:00)と月曜未明の1:00(原則)〜5:00の時間帯に「実験放送」(正式には技術実験)として実施したのが始まりとされている(この時間は一般視聴者向けのBS2の放送は中断で、各地の上映会場向けの上映、あるいはNHK放送技術研究所での技術試験であった。日曜日深夜はデータ放送ファクシミリ放送を含めた技術テストであった)。

1991年11月25日13時に、事実上世界初となるハイビジョン専門テレビ局「ハイビジョン試験放送」として開局した。試験放送は3年間の計画で、周波数(BS-9ch)とコールサイン(JO2C-BS-TV)はハイビジョン推進協会に割り当てられ、曜日・時間に関係なくNHKと民放など各放送局やAVメーカーが製作した番組を放送した。

放送時間は、1日平均8時間でスタートし、分担時間はNHKが4時間、WOWOWが1時間30分、その他の民放各局が30分程度であったが、順次拡大された。

試験放送開始当初の1991年における番組表によると、放送コンテンツの内容はスポーツ中継が33%で最多で、自然や美術を題材にしたドキュメンタリーなどの文化・教養番組が27%、コンサートを中心とする音楽番組が20%、ドラマや舞台中継などの芸能番組が18%と続いた。試験放送はハードとソフトの両面で実用化に近づけるのが狙いであった[1]

実用化試験放送へ編集

1994年11月25日より、チャンネルの割り当ては従来と同じくハイビジョン推進協会であるが、「ハイビジョン実用化試験放送」としてNHKと在京民放5局+WOWOW+朝日放送の共同チャンネルだった。民放各局は曜日ごとに担当局が代わり、朝日放送は全国高等学校野球選手権大会の生中継のみ担当した(実用化試験終了後、選手権大会の中継はBS朝日に引き継がれた)。なお、実用化試験放送開始当時の民放各局におけるハイビジョンカメラの保有台数はテレビ朝日フジテレビが7台、TBSテレビが3台、日本テレビが2台、WOWOWと朝日放送が1台、テレビ東京は0台であった[2]

当時NHKは、走査線数にちなんで、11月25日を“ハイビジョンの日”と称し、普及イベントなどを行った。

BSデジタル放送開始とアナログハイビジョンのNHK単独放送への移行、そして終了まで編集

2000年12月1日から、ISDB方式でのBSデジタル放送が開始され、在京キー局も関連会社を通じて単独チャンネルでの放送を開始した。このため、MUSEによるアナログハイビジョン放送はNHKのハイビジョン放送のサイマル放送(コールサイン:JO24-BS-HDTV)のみとなった。

この放送は、将来のデジタル放送への統合へ向けて、デジタル放送への円滑な移行ができるようにすることを目的[3]に、デジタル・アナログサイマル放送という形で放送し、データ放送・双方向サービス・字幕放送はなし、BS-hiでの5.1サラウンド放送のサイマル放送は3.1(3-1)サラウンド放送にダウンコンバートされた。

2007年9月30日(正確には10月1日1:00)をもって終了している[4]。これは、2006年3月15日開催の電波監理審議会で、2007年12月1日より、BS-9ch(物理)の周波数帯を使って新規開局するBSデジタル放送局の割り当て周波数領域確保と、それに伴う試験放送などの準備期間が必要だったためによる[3]

なお、アナログハイビジョン終了については参考資料としてNHK経営企画局職員が記した「MUSE方式アナログハイビジョン終了の経緯」(2010年3月作成)も参照。

視聴に必要な機材編集

NTSC方式のBSアナログ放送と異なり、MUSEMultiple Sub-Nyquist Sampling Encodingという、アナログハイビジョン用にNHKが開発した、BSアナログの1チャンネル分と同じ周波数帯域に収まるよう、ハイビジョン映像の信号をデータ圧縮したエンコードした放送信号で放送衛星に送出されるため、視聴するには必ずMUSEを受信側でデコード(復調)する必要があった。

編成編集

主にNHKや民放各局のオリジナル番組(一部は地上波番組も)を放送したが、NHKがハイビジョンカメラで制作を始めた番組群も放送した。民放は1日6時間放送。局間の共同制作番組も放送された。

事業者 放送時間 コールサイン
ゆり3号b衛星 BSAT-1衛星
NHK 下記民放の担当時間以外
※夏の高校野球期間中を除く水曜のみ全時間帯
JO341-BS-HDTV JO241-BS-HDTV
テレビ東京 月曜日12:00-16:00、18:00-20:00 JO347-BS-HDTV JO247-BS-HDTV
日本テレビ 火曜日12:00-15:00、18:00-21:00 JO343-BS-HDTV JO243-BS-HDTV
日本衛星放送 木曜日12:00-16:00、18:00-20:00 JO342-BS-HDTV JO242-BS-HDTV
東京放送 金曜日12:00-15:00、18:00-21:00 JO344-BS-HDTV JO244-BS-HDTV
全国朝日放送 土曜日12:00-15:00、18:00-21:00 JO346-BS-HDTV JO246-BS-HDTV
フジテレビ 日曜日12:00-16:00、21:00-23:00 JO345-BS-HDTV JO245-BS-HDTV
朝日放送 全国高校野球選手権大会中継のみ JO348-BS-HDTV JO248-BS-HDTV

コールサインはNHK、日本衛星放送(WOWOW)、在京5局が日本テレビを始めとしてテレビ放送の開局順、朝日放送の順番に割り当てられた。コールサインの変更は、1997年8月1日に、それまでのゆり3号b衛星からBSAT-1衛星に発信衛星が変更された事に伴うもの。

地上波民放各局は現在のBSデジタル放送とは違って地上波と同一法人での運営だったため、受信報告書を出せば在京キー局のベリカードを日本全国の地域で手にすることができた(カードは地上波放送と同じもの)。

番組編集

NHKハイビジョンオリジナル番組編集

このうち、『テントでセッション』および『ハイビジョンニュース』は総合テレビでも放送。

『さわやかウインドー』や『ハイビジョンスペシャル』はBShi移行後も継続。

一覧からアンコール放送枠は除外した。

NHK制作番組編集

NHKの総合、教育BS1、BS2、FMで放送し、ハイビジョン試験放送でも放送したものを挙げる。多くの番組は2000年度からのNHK衛星ハイビジョンにも引き継がれている。

民放各局制作番組編集

テレビ朝日
TBS
  • TBS☆High 6 to 9(金曜日18:00 - 21:00。後期は19時からに短縮し『TBS☆High 7 to 9』と改題。また13時 - 15時枠の『TBS☆High 1 to 3』も存在)
フジテレビ
朝日放送

など

脚注編集

  1. ^ 1991年11月25日読売新聞・夕刊
  2. ^ 1994年11月28日朝日新聞・夕刊
  3. ^ a b BSデジタル放送概要と特徴(NHK BSアナログハイビジョン放送 2014年10月9日閲覧)
  4. ^ 参考文献・BSアナログハイビジョン18年間の放送に終止符(日本放送協会放送文化研究所「放送研究と調査・月報2007年11月号 メディアフォーカス」2014年10月9日閲覧)。なおここでいう18年は、BS2でのハイビジョン技術実験の2年間を含めており、BS-9chを使っての放送は約16年である。その後2007年10月1か月間はアナログ放送終了の告知画面のみを放送し、10月31日24時(11月1日0:00)をもって完全に停波した

関連項目編集