1896年の相撲(1896ねんのすもう)は、1896年の相撲関係のできごとについて述べる。

できごと 編集

1月場所直前、東京相撲の年寄の実力者高砂浦五郎が永久取締の就任を目論み、これに反対する力士33名が1月場所のボイコットを通告する。これに対して高砂側が折れたため1月場所は無事開催され、2月には協会規約が改められるに至った[1]

本場所など 編集

  • 1月場所(東京相撲)[2]
    • 興行場所:本所回向院
    • 1月19日より晴天10日間興行
  • 5月場所(東京相撲)[3]
    • 興行場所:本所回向院
    • 5月11日より晴天10日間興行
  • 9月場所(東京大阪合併相撲)[4]
    • 興行場所:南地五階南手空地
    • 晴天10日間興行

誕生 編集

死去 編集

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ 酒井, pp. 140–144.
  2. ^ 酒井, pp. 138–140.
  3. ^ 酒井, pp. 144–147.
  4. ^ 酒井, p. 147.
  5. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 65頁
  6. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 58頁
  7. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 60頁
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 47頁
  9. ^ a b 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 52頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 42頁
  11. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 54頁

参考文献 編集

  • 酒井忠正『日本相撲史 中巻』ベースボール・マガジン社、1964年6月1日。